• fluct

  • 連休の“最初”に読む本として強く薦めたい:文芸編集者が選ぶ「10連休読むならこれしかない!」vol.1

    2019年04月26日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    いよいよ始まる、史上初のゴールデンウィーク10連休。

    ほんのひきだしでは「10連休読むならこれしかない!」と題し、さまざまな出版社の文芸編集者に「10連休に読むなら?」というテーマでおすすめ本を選んでいただきました。

    今回本をご紹介いただくのは、筑摩書房 第一編集室 井口かおりさんです。

     

    未来を変える原動力になる本

    10連休休むなら、最初に読む本は、本書がおすすめです。なぜならこの本の先に、豊かな韓国文学の森が広がっているからです。

    韓国文学には、本書の訳者・斎藤真理子さんの訳されたパク・ミンギュの奇想天外で抒情的な作品ほか、たくさんの傑作があります。そのなかでも本書は短く、テーマがはっきりしているので、韓国の小説を初めて読む方にも読みやすいと思います。また、本書は、フェミニズム本への入り口にもなっています。本書が問題提起だとしたら「答え」のような本がいろいろ出ています。

    この本を作ったきっかけは、2017年頃、韓国のフェミニズムが盛り上がっていることを知り、日本でもそのような本を出せないか斎藤真理子さんにご相談して、ベストセラーのこの本を教えていただいたことでした。教育や、就職、子育てなどで、女性が半生で体験する差別が淡々と書かれたこの本は、日本でも共感が得られると思いましたが、どの程度かはわかりませんでした。しかし2018年12月8日に発売されるやたちまち話題になり、4月中旬現在、発行部数13万部になりました。

    この本を出して、小説の力というものを強く感じています。SNSで本書の感想を検索すると「あれは女性差別だったのかと気づいた」という言葉が多く見られます。今までやりすごしてきた差別が可視化され、未来を変える原動力になる本だと思います。

    本書ヒットの背景には、韓国文化の隆盛もあります。韓国文学を一貫して刊行してきた出版社のおかげです。本書は、K-POPのアーティストたちが本書を読んだと発言したり、映画化決定など話題性もあります。「女性差別」や「嫌韓」が過去のものになることを期待しています。

    82年生まれ、キム・ジヨン
    著者:チョ・ナムジュ 斎藤真理子
    発売日:2018年12月
    発行所:筑摩書房
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784480832115

    内容紹介
    韓国で100万部突破! 映画化決定!
    異例の大ベストセラー小説、日本でも大反響。

    ある日突然、自分の母親や友人の人格が憑依したかのようなキム・ジヨン。誕生から学生時代、受験、就職、結婚、育児…彼女の人生を克明に振り返る中で、女性の人生に立ちはだかるものが浮かびあがる。

    (筑摩書房『82年生まれ、キム・ジヨン』特設サイトより)

    次回は【小学館 出版局 皆川裕子さん】のおすすめ本です!

    Vol.2を読む




    タグ
    Pocket

  • 広告用

    20190320
  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る