• fluct

  • 「キネマの神様」新公開日は8月6日に 追加キャストに片桐はいり・原田泰造 VFX監修で山崎貴が参加

    2021年03月17日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    松竹映画100周年記念作品「キネマの神様」の新公開日が8月6日(金)に決定。追加キャストとして、片桐はいりさん・原田泰造さんの出演が決定しました。

    「キネマの神様」は、原田マハさんの同名小説を原作に、山田洋次監督がメガホンを取り、故・志村けんさんの遺志を継ぐ沢田研二さんと、「花束みたいな恋をした」も大ヒット中の菅田将暉さんがダブル主演をつとめる作品。宮本信子さん、小林稔侍さん、寺島しのぶさん、リリー・フランキーさん、北川景子さん、永野芽郁さんなど豪華共演陣も揃い踏みしています。

    今回発表された片桐はいりさんと原田泰造さんが演じるのは、テラシン(小林稔侍)が営む映画館「テアトル銀幕」の常連の女性客と、主人公・ゴウ(沢田研二)のギャンブル依存に悩む妻娘(宮本信子・寺島しのぶ)が訪れる相談会の主催者。山田組への参加は、2人とも今回が初めてです。

    新公開日の発表にあわせ、現在と過去のゴウがつながる重要な本編シーンと、メイキングをおさめた特別映像も到着。さらに本作のVFX監修を山崎貴監督が担当していることも明らかになりました。

    特別映像では、カメラテストで演出について熱心に話し合う2人の姿も見られます。

    山崎貴監督のコメント
    ―― 山田作品にVFX監修として携わることが決定した際の心境
    敬愛するレジェンドが僕の何かしらに期待してくれて、仕事を頼んでくれるなら、それは何を置いてもはせ参じなくてはと思いました。
    僕は邦画の歴史にも大変興味があるので、雑談する中でかつての巨匠達の生の姿を教えていただけることもとても楽しかったです。日本映画の様々な歴史的瞬間を体験してきた方ですから。

    ―― 本作におけるVFXに関して、意識した点、こだわった点
    山田監督の世界観にあったVFXということにはこだわりました。いわば地に足が着いているもの。僕自身の作品のときは荒唐無稽なものをめざしますが、そこは品良くいきたいなと。

    ―― 撮影現場における山田監督との対話の中で、どのような意見交換がされたのか
    山田監督は新しい玩具を手にしたように楽しんでいらしたような気がします。僕はその玩具の可能性を出来るだけ広がりが持てるようにレクチャーしていく感じでした。目指すイメージはしっかりと出来上がっていましたね。

     

    関連記事

    映画「キネマの神様」志村けんの遺志を継ぎ沢田研二がゴウ役に 14年ぶりの映画出演

     

    映画「キネマの神様」作品情報

    【STORY】
    無類のギャンブル好きなゴウ(沢田研二)は、妻の淑子(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放されたダメ親父。そんな彼にも、たった一つだけ愛してやまないものがあった。それは「映画」――。
    行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とゴウは、かつて映画の撮影所で働く仲間だった。50年ほど前、若き日のゴウ(菅田将暉)は助監督として、映写技師のテラシン(野田洋次郎)をはじめ、時代を代表する名監督(リリー・フランキー)やスター女優の園子(北川景子)、また撮影所近くの食堂の娘・淑子(永野芽郁)に囲まれながら夢を追い求め、青春を駆け抜けていた。そして、ゴウとテラシンは淑子にそれぞれ想いを寄せていた。しかしゴウは初監督作品の撮影初日に転落事故で大怪我をし、その作品は幻となってしまう。ゴウは撮影所を辞めて田舎に帰り、淑子は周囲の反対を押し切ってゴウを追いかけて行った。
    2020年。歩の息子の勇太(前田旺志郎)が、古びた脚本を手に取る。その作品のタイトルは、「キネマの神様」。それはゴウが初監督の時、撮影を放棄した作品だった。勇太はその脚本の面白さに感動し、現代版に書き直して脚本賞に応募しようとゴウに提案する。
    過去の自分と再会した時、ゴウの中で止まっていた夢が再び動き始める――。これは“映画の神様”を信じ続けた男とその家族に起きる奇跡の物語。

    監督:山田洋次
    脚本:山田洋次 朝原雄三
    原作:原田マハ『キネマの神様』(文春文庫刊)
    出演:沢田研二 菅田将暉 永野芽郁 野田洋次郎 / 北川景子 寺島しのぶ 小林稔侍 宮本信子
    配給:松竹

    8月6日(金)ROADSHOW

    https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama

    キネマの神様
    著者:原田マハ
    発売日:2011年05月
    発行所:文藝春秋
    価格:748円(税込)
    ISBNコード:9784167801335

    ©2021「キネマの神様」製作委員会




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る