• fluct

  • 宮脇書店員が選ぶ“いま一番読んでほしいコミック”「ミヤコミ2022」5作品が決定!

    2022年07月30日
    本屋を歩く
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    香川県を中心に全国に店舗を構える宮脇書店が、2016年にスタートした「ミヤコミ」。

    これは、宮脇書店直営店の全従業員(パート・アルバイト含む)が投票したおすすめコミック作品の中から、「いま、あなたに一番読んでほしい作品」を決めるものです。

    今年は応募総数1,804件から、得票数の多い20タイトルを選出。その中から選考委員が「いま、読んでほしいタイトル」5作を厳選しました。すべてが自信をもっておすすめできる一冊なので、順位はついていません。

    「ミヤコミ2022」に選ばれた本は、宮脇書店直営店や明林堂書店にて、7月15日(金)から9月下旬ごろまでフェア展開されています。ぜひ店頭で、「いま、一番読みたい本」を探してみてください。



    『ダンダダン』(集英社)

    ダンダダン 1
    著者:龍幸伸
    発売日:2021年08月
    発行所:集英社
    価格:528円(税込)
    ISBNコード:9784088825991

    幽霊肯定派の女子校生・綾瀬桃と、同級生の怪奇現象オタク・オカルト君。互いに否定するUFOと怪異を信じさせるため、桃はUFOスポットの病院廃墟へ、オカルト君は心霊スポットのトンネルへ行くのだが…。運命の恋が始まる!? オカルティック怪奇バトル開幕!

    (集英社公式サイト『ダンダダン(1)』より)

    書店員のコメント
    ・メガネとギャルと心霊現象。愉快痛快奇々怪々。(宮脇書店 志度店/30代男性)
    ・あらゆるジャンルを詰め込んだ圧倒的画力の暴力!!!(宮脇書店 南風原店/20代女性)
    ・オカルト・バトル・ラブコメの見事な調和!たまらん!!(宮脇書店 北谷店/20代男性)
    ・これを読めばオカルトマニアになれる…かも?(宮脇書店 柳津店/20代女性)
    ・笑いやバトル!ラブコメやホラーまで!?ドキドキ展開間違いなし!(宮脇書店 土庄マルナカ店/30代女性)
    ・勢いあるバトルシーンとじれったくなるラブコメが癖になる。(宮脇書店 木津川店/10代女性)
    ・疾走感がヤバすぎ!怒涛の展開が熱いオカルトバトル!!(明林堂 日向店/40代女性)
    ・タイトルからは予測不能!メガミックスストーリー!!(明林堂 えびの店/50代女性)

     

    『税金で買った本』(講談社)

    税金で買った本 1
    著者:ずいの 系山冏
    発売日:2021年12月
    発行所:講談社
    価格:726円(税込)
    ISBNコード:9784065261682

    小学生ぶりに図書館を訪れたヤンキー石平くん。10年前に借りた本を失くしていたことをきっかけに、あれよあれよとアルバイトすることに!
    借りた本を破ってしまった時は? 難しい漢字の読み方を調べたい時は? ルールに厳しくも図書を愛してやまない仲間と贈る、読むと図書館に行きたくなる図書館お仕事漫画、誕生です!

    (講談社コミックプラス『税金で買った本(1)』より)

    書店員のコメント
    ・ありそうでなかった図書館お仕事漫画。書店員も気になります。(宮脇書店 中島店/40代男性)
    ・タイトルのインパクトは勿論、それ以上の人間ドラマが面白い。(宮脇書店 琴平店/30代女性)
    ・知っているようで知らない図書館の裏側を覗けます。(宮脇書店 原尾島店/50代女性)
    ・不器用で純粋なヤンキー君と図書館仲間との掛け合いが見所!(宮脇書店 大山店/20代女性)
    ・知るって楽しい!図書館にしばらく行っていない人こそぜひ!(宮脇書店 津店/20代女性)
    ・1冊の本を大切に読みたいと思わせてくれるマンガです。(宮脇書店 金沢文庫店/40代男性)
    ・本をもっと大切にしたくなる。そんな作品です。(明林堂 FG宇部店/30代男性)
    ・ヤンキーくんが図書館?! え…けっこう似合う。(宮脇書店 石川シティ店/20代女性)

     

    『ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~』(一迅社)

    ふつつかな悪女ではございますが 1
    著者:尾羊英 中村颯希 ゆき哉
    発売日:2021年06月
    発行所:一迅社
    価格:740円(税込)
    ISBNコード:9784758036269

    『殿下の胡蝶』と謳われる黄家の雛女(ひめ)・玲琳(れいりん)は、朱家の雛女・慧月(けいげつ)の手により互いの身体を入れ替えられ、更には自らを襲った罪で処刑目前となる。
    しかし、病弱ゆえ常に死と隣り合わせで過ごしてきた彼女の精神(メンタル)は鋼…!
    むしろ健康な身体を手に入れたことを喜んでしまうほどで――!?

    (ゼロサムオンライン『ふつつかな悪女ではございますが ~雛宮蝶鼠とりかえ伝~』より)

    書店員のコメント
    ・鋼のメンタルって本当大事。それプラス健康な身体で実質最強!(宮脇書店 佐賀本店/30代女性)
    ・どんな逆境にもくじけない主人公に脱帽です。(宮脇書店 ロイネット和歌山店/20代女性)
    ・虚弱な私が嫌われ悪女に入れ替わり…健康な身体が最高です!(宮脇書店 東かがわ店/30代女性)
    ・後宮ものは数あれど、こんなに愛しい姫は他にいない。(宮脇書店 韮崎店/30代男性)
    ・可憐な外見に鋼のメンタル!?ド根性系後宮コミック!(明林堂 神宮店/20代男性)
    ・嫌われ者の悪女と体が入れ替った!あなたならどうする?(宮脇書店 岡北店/20代男性)
    ・身体は最弱、メンタル最強!玲琳の宮中逆転劇!(宮脇書店 北谷店/20代女性)
    ・困難に対するレイリンの姿勢は見習うべきこと満載です!(明林堂 青山店/30代女性)

     

    『光が死んだ夏』(KADOKAWA)

    光が死んだ夏 1
    著者:モクモクれん
    発売日:2022年03月
    発行所:KADOKAWA
    価格:704円(税込)
    ISBNコード:9784041122730

    光はもうおらんのや…それやったら――。

    ある集落で暮らす少年、よしきと光。同い年の2人はずっと一緒に育ってきた。しかしある日、よしきが光だと思っていたものは別のナニカにすり替わっていたことに気づいてしまう。それでも、一緒にいたい。友人の姿をしたナニカとの、いつも通りの日々が始まる。時を同じくして、集落では様々な事件が起こっていき――。新進気鋭の作家・モクモクれんが描く、未知のナニカへ堕ちていく運命の物語、開幕。

    (KADOKAWA公式サイト『光が死んだ夏(1)』より)

    書店員のコメント
    ・卓越した夏の田舎の描写、薄氷を踏むような日常ホラー。(宮脇書店 刈谷店/30代男性)
    ・「愛しさ」と「おぞましさ」が交差する物語。切ない…(宮脇書店 新居浜本店/40代女性)
    ・ホラーなのにどこか切ない。「ニセモノ」でも側にいてほしい。(宮脇書店 新鳴門店/20代女性)
    ・親友のカタチをしたナニカ。その歪な関係から目が離せない。(宮脇書店 志度店/30代男性)
    ・親友が「違うモノ」になっていたら、あなたはどうしますか?(宮脇書店 佐沼店/40代女性)
    ・音の表現にぞわりとする…これからの季節にぴったりな1冊(宮脇書店 徳島本店/30代女性)
    ・不穏で、不気味で、少し切ない。新感覚ホラーBL!?(宮脇書店 豊見城店/20代女性)
    ・どうしようもなく、君じゃない。(宮脇書店 児島店/20代女性)

     

    『九条の大罪』(小学館)

    発売日:年月
    発行所:
    価格:円(税込)
    ISBNコード:9784098608485

    法とモラルの極限ドラマ、開幕!
    国民的ダークヒーロー漫画『闇金ウシジマくん』の真鍋昌平、最新作!

    なぜか厄介な案件ばかりを引き受ける弁護士・九条間人(くじょうたいざ)。

    鼻炎持ちのバツイチで、ビルの屋上で
    テント生活をしている偏屈な弁護士だ。

    主な顧客は、半グレ、ヤクザ、前科持ちなど、きな臭い人だらけ!?
    ネットでは悪徳弁護士と罵られながらも、
    イソ弁の烏丸(からすま)と共に、依頼人の擁護に務める。

    ある日、飲酒して轢き逃げをした半グレが、
    先輩の壬生に連れられて、九条のもとを訪ねる。
    そこで九条が授けた策は、弁護士にはあるまじき教唆で――!?

    交通事故ひとつですら、常識がひっくり返る。
    知ってるだけで、人生が変わる。

    神か悪魔か弁護士・九条!
    法とモラルの極限ドラマ、ここに開幕!

    (小学館公式サイト『九条の大罪』より)

    書店員のコメント
    ・清濁併せ呑む、現代最強ダークヒーロ―誕生!(宮脇書店 本店/40代男性)
    ・弁護士が弁護するのは依頼人であり、道徳や正義でない。(宮脇書店 新鳴門店/40代女性)
    ・胸糞悪いが癖になる(宮脇書店 新屋島店/40代男性 )
    ・正論、モラル、職業倫理、狂気…。言葉の意味が変わるような物語(宮脇書店 フジグラン今治店/40代男性)
    ・真の正義とは何か、悪とは何なのか考えさせられる(宮脇書店 今治本店/40代女性)
    ・目を背けることへの恐怖がページを捲る手を止めさせない(宮脇書店 倉敷駅ビル店/30代男性)
    ・「闇金」の次は「悪徳弁護士」だ!(宮脇書店 岡山本店/30代男性)
    ・そう、これは知ると知らないとでは人生が変わる『法律の話』(宮脇書店 青森店/40代女性)

     

    〉宮脇書店公式ホームページ
    http://www.miyawakishoten.com/

     

    前回の受賞作品

    宮脇書店員が選ぶ“いま一番読んでほしいコミック”「ミヤコミ2021」5作品が決定!




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る