• fluct

  • 本屋で今検索されている本ランキング(2019年10月16日~10月22日)

    2019年10月25日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    本屋で今検索されている本ランキング(2019年10月16日~10月22日)

    『ロウソクの科学』の検索数が前週から落ち着きを見せる一方、『鬼滅の刃』が勢いを落とさず、今回もランキングを席巻しています。特に『鬼滅の刃』第17巻は、独走状態が続いています。

    そこに割って入ったのが、「十二国記」シリーズ18年ぶりの新作長編『白銀の墟 玄の月』第1巻と、「ヒプノシスマイク」公式コミカライズ作品である『ヒプノシスマイク-Before The Battle- The Dirty Dawg』最新2巻。

    今回はランキング表の後、惜しくもトップ10入りを逃したものから、週末に検索されていた注目タイトルをご紹介します。

     

    『ライオンのおやつ』

    ライオンのおやつ
    著者:小川糸
    発売日:2019年10月
    発行所:ポプラ社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784591160022

    『食堂かたつむり』『ツバキ文具店』などで知られる、小川糸さんの最新作。若くして余命を告げられ、最期を瀬戸内のホスピスで過ごすことを決めた主人公を描きます。

    「おなかにも心にもとびきり優しい、お粥みたいな物語になっていたら嬉しいです」という小川さんからのメッセージどおり、死がテーマでありながら、やさしく、今生きている日々が愛おしくなる小説です。

    あらすじ
    男手ひとつで育ててくれた父のもとを離れ、ひとりで暮らしていた雫は病と闘っていたが、ある日医師から余命を告げられる。最後の日々を過ごす場所として、瀬戸内の島にあるホスピスを選んだ雫は、穏やかな島の景色の中で本当にしたかったことを考える。ホスピスでは、毎週日曜日、入居者が生きている間にもう一度食べたい思い出のおやつをリクエストできる「おやつの時間」があるのだが、雫は選べずにいた。(ポプラ社公式サイトより)

     

    前回のランキングを見る

    ノーベル化学賞決定で『ロウソクの科学』急上昇!本屋で今検索されている本ランキング(2019年10月9日~10月15日)

     

    「本屋で今検索されている本ランキング」とは?

    書店店頭でも見かけることが多くなった、在庫や商品棚を調べるのに便利な“検索機”。

    「本屋で今検索されている本ランキング」では、全国の書店に設置された端末で「いま何が検索されているのか?」を調べ、ランキング形式でご紹介しています(今回の集計期間:2019年10月16日~22日/日販 attaplus!調べ)。

    売上冊数ではなく「検索数」を集計していることから、従来のランキングとは違った角度で“今話題の本”がわかるのが特徴です。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る