• fluct

  • 溶けるように売れている!?話題の漫画『夢中さ、きみに。』とは? 本屋で今検索されている本ランキング(2019年8月12日~8月18日)

    2019年08月21日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    本屋で今検索されている本ランキング(2019年8月12日~18日)

    2週連続トップだった『M 愛すべき人がいて』は、第7位で記録更新ならず。

    第1位は、SNSで話題になった「うしろの二階堂」「友達になってくれませんか」など8編を収録した短編漫画集『夢中さ、きみに。』となりました。

    待望の単行本化とあって、8月10日(土)の発売翌日に売上がピークを迎えて「超在庫僅少」となり、それが検索数アップに拍車をかけています。いわば“品薄が品薄を呼んでいる”という状況で、すでに重版が決定。注目の作品です!

    今回が初登場のタイトルは『夢中さ、きみに。』、『進撃の巨人』第29巻、『ケーキの切れない非行少年たち』の3つ。『ケーキの切れない非行少年たち』は7月発売の新書ですが、同書の読者がSNSで紹介して反響を呼び、検索数を伸ばしました。

     

    第1位『夢中さ、きみに。』

    夢中さ、きみに。
    著者:和山やま
    発売日:2019年08月
    発行所:KADOKAWA
    価格:770円(税込)
    ISBNコード:9784047357181

    著者は、Twitterやpixivにて「ワヤマ」名義で作品を発表している和山やまさん。和山さんの作品は、一風変わったキャラクターたちによる“ちょっといい話”と、淡々としたコミカルさが魅力的です。

    『夢中さ、きみに。』には、「かわいい人」「友達になってくれませんか」「描く派」「走れ山田!」と、「うしろの二階堂」シリーズ4編とあとがきを収録。

    「ある出来事以降、執拗に『かわいい?』と聞いてくるようになった」「かかわった人は呪われるという噂のクラスメイト」「一冊の本をきっかけにSNSで出会った“仮釈放さん”」など、一度気になったが最後、無意識のうちに彼らに夢中になってしまった人々が描かれています。

    ▼「うしろの二階堂」はこちら。陰鬱そうで不気味な「二階堂くん」の前の席になってしまった主人公。二階堂くんには呪いの噂がありますが……?

     

    第10位『ケーキの切れない非行少年たち』

    ケーキの切れない非行少年たち
    著者:宮口幸治
    発売日:2019年07月
    発行所:新潮社
    価格:792円(税込)
    ISBNコード:9784106108204

    著者は立命館大学産業社会学部教授で、認知機能トレーニングによって子どもを支援する「コグトレ研究会」を主宰する医学博士、臨床心理士の宮口幸治さん。

    タイトルになっている「ケーキが切れない」とは、認知力の弱さゆえ「ホールケーキを等分することができない」という意味。帯には2人の非行少年の「“3等分”したケーキの図」が掲載されており、その図に衝撃を受けた人も多いようです。

    内容・あらすじ
    児童精神科医である筆者は、多くの非行少年たちと出会う中で、「反省以前の子ども」が沢山いるという事実に気づく。少年院には、認知力が弱く、「ケーキを等分に切る」ことすら出来ない非行少年が大勢いたが、問題の根深さは普通の学校でも同じなのだ。人口の十数%いるとされる「境界知能」の人々に焦点を当て、困っている彼らを学校・社会生活で困らないように導く超実践的なメソッドを公開する。

    目次
    はじめに
    第1章 「反省以前」の子どもたち
    第2章 「僕はやさしい人間です」と答える殺人少年
    第3章 非行少年に共通する特徴
    第4章 気づかれない子どもたち
    第5章 忘れられた人々
    第6章 褒める教育だけでは問題は解決しない
    第7章 ではどうすれば? 1日5分で日本を変える
    おわりに

    (新潮社公式サイトより)

     

    前回のランキングを見る

    『かくりよの宿飯』完結巻がランクイン! ボンボンTV「最後のねがいごと」漫画版も:本屋で今検索されている本ランキング(2019年8月5日~11日)

     

    「本屋で今検索されている本ランキング」とは?

    書店店頭でも見かけることが多くなった、在庫や商品棚を調べるのに便利な“検索機”。

    「本屋で今検索されている本ランキング」では、全国の書店に設置された端末で「いま何が検索されているのか?」を調べ、ランキング形式でご紹介しています(今回の集計期間:2019年8月12日~18日/日販 attaplus!調べ)。

    売上冊数ではなく「検索数」を集計していることから、従来のランキングとは違った角度で“今話題の本”がわかるのが特徴です。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る