• fluct

  • 今売れている文庫ランキング(2019年8月12日~8月18日)

    2019年08月20日
    もっと見る
    日販 ほんのひきだし編集部 川村
    Pocket

    上位30タイトル中、半数を超える19タイトルが初登場だった前回のランキング。今回は、お盆期間で新刊の発売が少なかったため、時代小説を中心に前回の上位タイトル26作品が継続してランクインしました。

    前回ご紹介しきれなかった注目作品を中心に、最新ランキングを見ていきましょう。

    ※日販 オープンネットワークWIN調べ(括弧内は前回の順位との比較)

     

    文庫売上ランキング トップ10

    第1位は、新海誠さんの『小説 天気の子』が返り咲きとなりました。

    累計売上31万部を突破。映画は公開5週目に突入しましたが、8月27日(火)まで東京・渋谷「hotel koe tokyo」で開催中のコラボカフェに新海監督らが訪れたことや、大人が映画館でアニメを見る文化のない“映画大国”インドで5万人の署名を集め公開が決定したことなど、作品に関する話題は引き続き注目されています。

    小説天気の子
    著者:新海誠
    発売日:2019年07月
    発行所:KADOKAWA
    価格:660円(税込)
    ISBNコード:9784041026403

    第6位は、人気ライトノベル『アクセル・ワールド』第24巻でした。前回、週末の8月10日(土)に発売され第13位で初登場。その後も売上を伸ばしました。

    今年、第1巻発売から10周年を迎えた大人気作品『ソードアート・オンライン』でも知られる川原礫さんのデビュー作で、2008年に「第15回電撃小説大賞」大賞を受賞。以降コミック、テレビアニメ、劇場版アニメ、ゲームとさまざまなメディアミックス作品が生まれています。

    西暦2046年、生活の半ばが仮想ネットワーク上で行われるようになった世界で、東京の私立中学校に通ういじめられっ子・ハルユキ。ある日、副生徒会長をつとめる美貌の上級生・黒雪姫から、有線直結通信によって謎のアプリケーションソフトをインストールされ、そのプレイヤーとしてもう一つの世界「加速世界(アクセル・ワールド)」で繰り広げられる戦いに身を投じていきます。

    アクセル・ワールド 24
    著者:川原礫
    発売日:2019年08月
    発行所:KADOKAWA
    価格:715円(税込)
    ISBNコード:9784049126761

    第9位は、前回初登場第22位からランクアップ、辻堂魁さんの「風の市兵衛」シリーズ第25巻『天満橋まで』でした。

    2018年5月に、向井理さん主演によりNHKにて「そろばん侍 風の市兵衛」のタイトルでテレビドラマ化。2020年にはドラマ続編として、スペシャル正月時代劇「そろばん侍 風の市兵衛SP」の制作が決定しています。

    主人公は、算盤の練達にして〈秘剣・風の剣〉の遣い手である唐木市兵衛。武士でありながら、武家の台所事情を管理する渡り用人を生業とし、次々と巻き起こる難題を解決していきます。

    第21巻からは「風の市兵衛 弐」として、それまで明かされていなかった市兵衛の謎多き出自を解き明かす新章となっており、『天満橋まで』はその5作目です。

    天満橋まで
    著者:辻堂魁
    発売日:2019年08月
    発行所:祥伝社
    価格:759円(税込)
    ISBNコード:9784396345556

    続いて第11位~第30位の作品をピックアップ!

    第13位は、堂場瞬一さんによる警察小説「警視庁犯罪被害者支援課」の第6弾『不信の鎖』でした。

    8月9日(金)に発売され前回第29位で初登場してからランクアップ。文庫書き下ろしとして刊行され、累計66万部を突破している人気シリーズです。

    「犯罪被害者支援課」に所属する村野秋生。自身も犯罪被害者である村野とその仲間たちが、犯罪被害者の家族などの心のケアに奔走。正式な捜査権を持たない立場ながら、ときには捜査をめぐってセクションを超えた折衝を繰り広げます。

    最新6巻では、ブラック企業として知られるハウスメーカー社長の娘の殺害事件をめぐり、執拗に取材を続ける記者と部下の不審な接触が。その疑念をきっかけに支援課分断の危機が訪れます。

    不信の鎖
    著者:堂場瞬一
    発売日:2019年08月
    発行所:講談社
    価格:924円(税込)
    ISBNコード:9784065165812

    第20位にランクインした恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』上巻は、第23位の下巻とならび、4月10日(水)の発売以来実に19週にわたって上下巻ともにトップ30以内をキープしています。10月4日(金)の映画公開まで好調は続きそうです。

    蜜蜂と遠雷 上
    著者:恩田陸
    発売日:2019年04月
    発行所:幻冬舎
    価格:803円(税込)
    ISBNコード:9784344428522
    蜜蜂と遠雷 下
    著者:恩田陸
    発売日:2019年04月
    発行所:幻冬舎
    価格:803円(税込)
    ISBNコード:9784344428539

    第22位には、佐々木裕一さんの「公家武者 信平」第6巻『赤い刀身』がランクイン。

    公家として最高の家格であった「鷹司家」から武士へと転身した実在の人物、鷹司(松平)信平がモデルになっている時代小説です。

    「公家武者 松平信平」のタイトルで二見書房から2011年5月に文庫として発売され、2017年5月発売の第16巻で完結しましたが、まもなく同年10月に“セカンドシーズン”として講談社文庫より刊行がスタート。毎回息もつかせぬスピーディーな展開で、悪を斬る痛快な面白さが魅力の時代エンターテインメントです。

    赤い刀身
    著者:佐々木裕一
    発売日:2019年08月
    発行所:講談社
    価格:726円(税込)
    ISBNコード:9784065155660

    第11位以降のランキング結果は以下の表をご覧ください。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

    前回のランキングを見る

    今売れている文庫ランキング(2019年8月5日~8月11日)

     

    文庫新刊ラインアップ

    2019年8月発売の文庫新刊ラインアップ(発売日順:16日~30日)

    その他の期間の発売日はこちら




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る