• fluct

  • 第161回芥川賞候補に5作:高山羽根子、古市憲寿が前回に続き2度目ノミネート

    2019年06月17日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    2019年6月17日(月)、日本文学振興会より第161回芥川龍之介賞の候補作が発表された。

    今回芥川賞にノミネートされたのは、今村夏子「むらさきのスカートの女」、高山羽根子「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」など5作で、高山羽根子氏・古市憲寿氏が前回に続き2度目のノミネート。また李琴峰氏が、「五つ数えれば三日月が」で今回初ノミネートとなっている。

    選考会は7月17日(水)に築地「新喜楽」にて開催。贈呈式は、8月下旬に都内で行なわれる。

     

    第161回芥川龍之介賞候補作品

    ・今村夏子「むらさきのスカートの女」(小説トリッパー春号)
    ・高山羽根子「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」(すばる5月号)
    ・古市憲寿「百の夜は跳ねて」(新潮6月号)
    ・古川真人「ラッコの家」(文學界1月号)
    ・李琴峰「五つ数えれば三日月が」(文學界6月号)

    第160回受賞作・ノミネート作はこちら

     

    今村夏子「むらさきのスカートの女」※3回目

    いまむら・なつこ。1980年2月20日広島県広島市生まれ。2010年「あたらしい娘」(のちに「こちらあみ子」に改題)で第26回太宰治賞を受賞。2011年『こちらあみ子』でデビュー。

    主な作品:
    ・『こちらあみ子』(筑摩書房刊)=第24回三島由紀夫賞受賞
    ・『あひる』(書肆侃侃房刊)=第155回芥川賞候補、第5回河合隼雄物語賞受賞
    ・『星の子』(朝日新聞出版刊)=第157回芥川賞候補、第39回野間文芸新人賞受賞
    ・『父と私の桜尾通り商店街』(KADOKAWA刊)

    ※関連記事※
    これほど読む人によって読み方が変わる作品は、めったにない―今村夏子『むらさきのスカートの女』

    【重版時予約受付】むらさきのスカートの女
    著者:今村夏子
    発売日:2019年06月
    発行所:朝日新聞出版
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784022516121
    こちらあみ子
    著者:今村夏子
    発売日:2014年06月
    発行所:筑摩書房
    価格:691円(税込)
    ISBNコード:9784480431820
    星の子
    著者:今村夏子
    発売日:2017年06月
    発行所:朝日新聞出版
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784022514745
    あひる
    著者:今村夏子
    発売日:2019年01月
    発行所:KADOKAWA
    価格:562円(税込)
    ISBNコード:9784041074435

     

    高山羽根子「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」※2回目

    たかやま・はねこ。1975年5月9日富山県富山市生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科卒。2010年「うどん キツネつきの」が第1回創元SF短編賞の佳作に選出される。同年、同作を収録したアンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)でデビュー。2016年「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞受賞。

    主な作品:
    ・『うどん キツネつきの』(東京創元社刊)=第36回日本SF大賞最終候補
    ・『オブジェクタム』(朝日新聞出版刊)=第39回日本SF大賞最終候補
    ・『居た場所』(河出書房新社刊)=第160回芥川賞候補

    うどんキツネつきの
    著者:高山羽根子
    発売日:2016年11月
    発行所:東京創元社
    価格:1,015円(税込)
    ISBNコード:9784488765019
    オブジェクタム
    著者:高山羽根子
    発売日:2018年08月
    発行所:朝日新聞出版
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784022515643
    居た場所
    著者:高山羽根子
    発売日:2019年01月
    発行所:河出書房新社
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784309027760

     

    古市憲寿「百の夜は跳ねて」※2回目

    ふるいち・のりとし。1985年1月14日東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。2013年第4回日本学術振興会「育志賞」受賞。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。

    主な作品:
    ・『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社刊)
    ・『保育園義務教育化』(小学館刊)
    ・「彼は本当は優しい」(2018年文學界4月号)
    ・『平成くん、さようなら』(文藝春秋刊)=第160回芥川賞候補

    絶望の国の幸福な若者たち
    著者:古市憲寿
    発売日:2011年09月
    発行所:講談社
    価格:1,944円(税込)
    ISBNコード:9784062170659
    平成くん、さようなら
    著者:古市憲寿
    発売日:2018年11月
    発行所:文藝春秋
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784163909233
    保育園義務教育化
    著者:古市憲寿
    発売日:2015年07月
    発行所:小学館
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784093884303

     

    古川真人「ラッコの家」※3回目

    ふるかわ・まこと。1988年7月29日福岡県福岡市生まれ。第一薬科大学付属高等学校卒。2016年「縫わんばならん」で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー。

    主な作品:
    ・『縫わんばならん』(新潮社刊)=第156回芥川賞候補
    ・『四時過ぎの船』(新潮社刊)=第157回芥川賞候補、第31回三島由紀夫賞候補

    縫わんばならん
    著者:古川真人
    発売日:2017年01月
    発行所:新潮社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784103507413
    四時過ぎの船
    著者:古川真人
    発売日:2017年07月
    発行所:新潮社
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784103507420

     

    李琴峰「五つ数えれば三日月が」※初ノミネート

    り・ことみ。1989年12月26日、台湾生まれ。中国語を第一言語としながら、15歳より日本語を学習。また、その頃から中国語で小説創作を試みる。2013年、台湾大学卒業後に来日。2015年に早稲田大学大学院日本語教育研究科修士課程を修了し、2016年民間企業に就職。2017年、「独舞」にて第60回群像新人文学賞優秀作を受賞しデビュー。2018年末に勤務先を退職し、2019年より作家・翻訳家・通訳者として活動中。

    主な作品:
    ・『独り舞』(講談社刊)※
    ・「流光」(2017年群像11月号)
    ・「ディアスポラ・オブ・アジア」(2017年三田文學秋季号)
    ・「セイナイト」(2019年群像4月号)

    ※自身の訳による中国語版が『獨舞』として2019年に台湾・聯合文學出版社刊。

    独り舞
    著者:李琴峰
    発売日:2018年03月
    発行所:講談社
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784062209519

     

    優秀な「純文学短編作品」に対して贈られる芥川賞

    芥川賞は、直木賞と同じく日本文学振興会が昭和10年に制定。新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品のうち最も優秀なものに贈られ(応募方式ではない)、主に無名もしくは新進の作家を対象としている。授賞は上半期・下半期の年2回。選考委員は、小川洋子・奥泉光・川上弘美・島田雅彦・髙樹のぶ子・堀江敏幸・宮本輝・山田詠美・吉田修一の各氏。

    直木賞候補作はこちら




    タグ
    Pocket

  • 広告用

    20190320
  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る