• fluct

  • 新時代に必要な力とは?『疑う力』が初登場:今売れているビジネス書ランキング(2019年5月30日調べ)

    2019年06月14日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ビジネス書 2019年5月の売上ランキング(日販調べ)

    第1位は、4月に引き続き『メモの魔力』! 昨年12月27日(木)に発売され、1月のランキング初登場から常に首位を争う位置をキープしています。

    5月も売れ筋商品として各メディアで紹介されたほか、著者・前田裕二さんが「メレンゲの気持ち」「新・日本男児と中居」(いずれも日本テレビ系)などTV番組に出演した際に本作が紹介されたことで、さらに売上を伸ばしました。

    メモの魔力
    著者:前田裕二
    発売日:2018年12月
    発行所:幻冬舎
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784344034082

    今回ランキング初登場となったのは、第8位の『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんがあえて教えなかったトンデモナイこの世のカラクリ』と、第10位の『疑う力』です。

    借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんがあえて教えなかったトンデモナイこの世のカラクリ
    著者:小池浩
    発売日:2019年04月
    発行所:サンマーク出版
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784763137579

    心理セラピスト・小池浩さんによる『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんがあえて教えなかったトンデモナイこの世のカラクリ』は4月25日(木)に発売。

    ドSな口調で人生逆転の発想方法をアドバイスするキャラクター、「ドSの宇宙さん」が登場するシリーズ3部作の完結編で、シリーズ累計20万部を突破しています。

    疑う力
    著者:堀江貴文
    発売日:2019年05月
    発行所:宝島社
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784800293695

    もう1つの初登場『疑う力』は、4月24日(水)に発売された堀江貴文さんの著書。

    世の中で「常識」「当たり前」とされていることは本当に正しいのか? 明日を生き抜くために必要なのは、ものごとを鵜呑みにせずに疑問を持ち、自分で調べ、自分の頭で考え続ける力である、というホリエモン流「感性と直感が身につく発想法」が紹介されています。

    (「はじめに」より)

    ちょんまげを結ったり、お歯黒をつけたりすることを常識だと思っている人は、もういないだろう。

    だから、今の日本の常識だって、10年後、20年後には、非常識になっているかもしれない。

    そんなものに振り回されていては、一生バカをみる。

    常識を疑う力を持とう。ウソをウソと見破る力を養おう。

    人と同じことをやっていたら損するだけだ。

    ファクトに行き着くためには、自分自身の頭をつかって「なぜ」「どうして」と思考を続けるよりほかない。

    宝島社公式サイト『疑う力 「常識」の99%はウソである』より

     

    前回のランキングを見る

    ・4月のビジネス書ランキングは『メモの魔力』が再び第1位に:今売れているビジネス書ランキング(2019年4月26日調べ)




    タグ
    Pocket

  • 広告用

    20190320
  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る