• fluct

  • 今売れている文庫ランキング(2019年5月13日~5月19日)

    2019年05月21日
    もっと見る
    日販 ほんのひきだし編集部 川下
    Pocket

    前回のランキングでは、阿部智里さんの『弥栄の烏』が第1位を獲得しました。

    先週は塩田武士さんの『罪の声』や、荻原浩さんの『海の見える理髪店』など話題作が続々文庫化されました。

    今回の結果はどうなっているのでしょうか。さっそく見ていきましょう!(※日販 オープンネットワークWIN調べ、括弧内は前回の順位との比較です)

     

    文庫売上ランキング トップ10

    今回は『罪の声』が首位を獲得! 昭和最大の未解決事件、グリコ・森永事件を題材とした連作短編集で、2020年には実写映画の公開が予定されています。

    罪の声
    著者:塩田武士
    発売日:2019年05月
    発行所:講談社
    価格:1,012円(税込)
    ISBNコード:9784065148259

    綿密な取材のもとリアリティたっぷりに描かれた本作は、2016年の「週刊文春ミステリーベスト10」で国内部門第1位を獲得するなど高い評価を得ました。

    映画では、未解決事件の真相を追う新聞記者・阿久津英士を小栗旬さんが、知らないうちに事件に関わっていたことを知る男・曽根俊也を星野源さんが演じます。

    塩田武士『罪の声』が小栗旬・星野源初共演で映画化!脚本は「逃げ恥」の野木亜紀子

    第2位と第3位には、「日雇い浪人生活録」シリーズ第7弾『金の記憶』『拵屋銀次郎半畳記 侠客』第5巻の人気時代小説2作品が初登場しています。

    第155回直木賞を受賞した『海の見える理髪店』は、第8位にランクイン! 腕利きの主人が営む“伝説の床屋”を舞台とした表題作を含む短編集で、心温まる6つの物語が収録されています。

    海の見える理髪店
    著者:荻原浩
    発売日:2019年05月
    発行所:集英社
    価格:638円(税込)
    ISBNコード:9784087458725

    続いて第11位~第30位の注目作品をピックアップ!

    第18位と第25位には、上田秀人さんの『奥羽越列藩同盟顛末 竜は動かず』上下巻が登場。下級藩士の出ながら米国へ渡り、国のために奔走した玉虫左太夫(たまむし・さだゆう)を描いた時代小説です。

    竜は動かず 上
    著者:上田秀人
    発売日:2019年05月
    発行所:講談社
    価格:902円(税込)
    ISBNコード:9784065136010

    第27位には、『老後の資金がありません』の著者・垣谷美雨さんによる『農ガール、農ライフ』がランクイン! 32歳で仕事と彼氏と家を一度に失った水沢久美子が、ひょんなことから農業に挑戦しさまざまな困難と対峙していく物語です。

    農ガール、農ライフ
    著者:垣谷美雨
    発売日:2019年05月
    発行所:祥伝社
    価格:759円(税込)
    ISBNコード:9784396345235

    第11位以降のランキング結果は以下の表をご覧ください。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

    前回のランキングを見る

    今売れている文庫ランキング(2019年5月6日~5月12日)

     

    文庫新刊ラインアップ

    2019年5月発売の文庫新刊ラインアップ(発売日順:16日~31日)

    その他の期間の発売日はこちら




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る