• fluct

  • 直木賞受賞『宝島』、話題の新書『もっと言ってはいけない』がランクイン!今週の週間総合ランキング(2019年1月23日調べ)

    2019年01月24日
    もっと見る
    日販 MD課 溝口
    Pocket

    前回のランキングでは、樹木希林さんの『一切なりゆき』が第1位、『日本国紀』が第2位となりました。

    昨年末に発売された人気タイトルが、依然として強さを見せています。今回のランキングではどうなっているのでしょうか。

     

    週間総合ランキング(2019年1月23日調べ)

    ▲クリックすると、各作品の表紙・商品情報が一覧で見られます

    樹木希林さんの『一切なりゆき』が2週連続で首位を獲得! テレビで多数紹介されたこともあり注目が集まった本書ですが、今週はさらに売上を伸ばしています。

    一切なりゆき
    著者:樹木希林
    発売日:2018年12月
    発行所:文藝春秋
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784166611942

    第160回直木賞を受賞した真藤順丈さんの『宝島』は、今回第3位にランクインしました!

    宝島
    著者:真藤順丈
    発売日:2018年06月
    発行所:講談社
    価格:2,035円(税込)
    ISBNコード:9784065118634

    本作の舞台は戦後アメリカ統治下の沖縄。「米軍機墜落事故」など戦後の混乱の歴史をたどりながら、米軍基地から物資を盗む「戦果アギヤー」と呼ばれる若者たちの20年を描いています。

    直木賞発表の1月16日(水)の翌日には売上が急伸。舞台となった沖縄では売り切れる書店も続出するほどの人気ぶりとなっています。

    ▼『宝島』日別売上(2018/12/23~2019/1/20)

    関連記事
    第160回芥川賞は上田岳弘「ニムロッド」・町屋良平「1R1分34秒」の2作、直木賞は真藤順丈「宝島」に決定

    第6位には、けやき坂46の渡邉美穂さんのファースト写真集『陽だまり』が入りました!

    陽だまり
    著者:渡邉美穂 細居幸次郎
    発売日:2019年01月
    発行所:幻冬舎
    価格:1,980円(税込)
    ISBNコード:9784344033993

    渡邉さんにとって初めての写真集であるとともに、けやき坂46のメンバーとしても初めてのソロ写真集です。

    撮影が行なわれたのはニュージーランドの首都・オークランド。初めての海外ロケ、初めての水着撮影など、まさに「初めてづくし」の写真集となっています。

    ▼『陽だまり』公式Twitterでは最新情報を配信中!

    第7位には、橘玲さんの『もっと言ってはいけない』がランクイン! 「新書大賞2017」に輝き話題となった『言ってはいけない』の続編です。

    もっと言ってはいけない
    著者:橘玲
    発売日:2019年01月
    発行所:新潮社
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784106107993

    「日本人の3人に1人は日本語が読めない」「日本人は世界一“自己家畜化”された民族」「学力、年収、老後の生活まで遺伝が影響する」といった、タブーともいえる「残酷で不愉快な真実」に斬り込んでいます。

    第10位には、勉強や仕事で結果を出すためのアウトプット術を解説したビジネス書『学びを結果に変えるアウトプット大全』が再浮上!

    学びを結果に変えるアウトプット大全
    著者:樺沢紫苑
    発売日:2018年08月
    発行所:サンクチュアリ出版
    価格:1,595円(税込)
    ISBNコード:9784801400559

    ほんのひきだしでは、著者である精神科医・樺沢紫苑さんのルーツに迫る記事や、出版元であるサンクチュアリ出版へのインタビュー記事を公開しています。

    関連記事
    話題のビジネス書『アウトプット大全』はどうやって生まれた?精神科医・樺沢紫苑さんのルーツに迫る
    インプットとアウトプットの黄金比は3:7!情報発信のプロが丸ごと教えるアウトプット術

    以上、今週の週間総合ランキングでした。次回もお楽しみに!

     

    前回のランキングを見る

    『メモの魔力』や落合陽一の新刊など話題の本が続々登場!今週の週間総合ランキング(2019年1月17日調べ)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る