• fluct

  • 理不尽に悩む夫は必読『妻のトリセツ』が話題!直木賞受賞『宝島』、芥川賞『ニムロッド』もランクイン:本屋で今検索されている本ランキング(2019年1月15日~1月21日)

    2019年01月23日
    もっと見る
    attaplus!事務局(日販 CRM推進課)
    Pocket

    本屋で今検索されている本ランキング

    第1位は今回も『トラペジウム』! 発売から2か月経ちましたが、まだまだ首位を独走しています。

    年明けに5万部の重版が決定したあと、さらに追加重版が決定して累計部数は17.4万部に到達。デビュー作としては異例の規模となっています。

    トラペジウム
    著者:高山一実
    発売日:2018年11月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784040686967

    第2位にランクインしたのは、「ノンストップ!」(フジテレビ系)や「スッキリ」(日本テレビ系)など、情報番組で多数紹介され注目を集めている『妻のトリセツ』です。

    妻のトリセツ
    著者:黒川伊保子
    発売日:2018年10月
    発行所:講談社
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784065133392

    この本は「妻はどんなことに怒っているのか」「妻の理不尽にどう向き合うか」を脳科学者が解説した、まさに“夫のための妻の取り扱い説明書”。日々直面する課題だけに(?)、やはり男性の読者が圧倒的に多いようですが、女性読者もじわじわと増えています。

    ▼『妻のトリセツ』購入クラスタ(日販 WIN+調べ)

    【レビュー】全夫必読!妻の「勝手にすれば」の本音とは?脳科学者が教える『妻のトリセツ』

    また今回のランキングでは、1月16日(水)に第160回芥川賞・直木賞受賞作が発表されたため、受賞作・ノミネート作の検索数が大きく伸びました。

    直木賞受賞作『宝島』(第3位)、芥川賞受賞作『ニムロッド』(第6位)、芥川賞受賞なるか?ということで注目されていた『平成くん、さようなら』(第9位)がトップ10入りとなっています。

    第160回芥川賞は上田岳弘「ニムロッド」・町屋良平「1R1分34秒」の2作、直木賞は真藤順丈「宝島」に決定

    第9回山田風太郎賞も受賞している『宝島』は、アメリカ占領下の沖縄を舞台に、少年少女たちの青春と、沖縄返還までの20年間を描いた作品。著者・真藤順丈さん自身は東京出身ですが、本作は特に沖縄県内での反響が大きく、完売する書店が続出しているとのことです。

    宝島
    著者:真藤順丈
    発売日:2018年06月
    発行所:講談社
    価格:2,035円(税込)
    ISBNコード:9784065118634

    第6位の『ニムロッド』は、小説家のかたわらIT企業の役員をつとめる著者が、仮想通貨を題材に執筆した小説。システムエンジニアの男性を主人公に、ビットコインを採掘(マイニング)する新規事業を一人で進めることになった彼の日々が綴られています。

    “ビットコイン小説”ということで「難しそう」と思っている人も、逆にそれが理由で興味を持ったという人も多そうな作品。ともあれ、さまざまなものが“モノ”の形をもたず“情報”として存在している現代において、「それでも君はまだ、人間でい続けることができるのか」という問いかけに心を掴まれた方はぜひ手に取ってみてください。

    ニムロッド
    著者:上田岳弘
    発売日:2019年01月
    発行所:講談社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784065143476

    検索数同数で第6位となった『インターミッション』は、“乃木坂46イチの才色兼備”生田絵梨花さんのセカンド写真集。「ソロ写真集にもかかわらず初版20万部」とその注目度の高さが報じられ、発売前から話題になっていた一冊です。

    生田絵梨花写真集インターミッション
    著者:生田絵梨花 中村和孝
    発売日:2019年01月
    発行所:講談社
    価格:1,980円(税込)
    ISBNコード:9784065146552

    ミュージカル女優としても活躍する生田絵梨花さん。インターミッション(幕間)のタイトルがつけられた今作では、「ニューヨークで発見する、新しい自分」をテーマに、ランジェリーショットなどの新しい姿も見せています。

    第10位の『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』は、ビル・ゲイツ、オバマ元米大統領も絶賛した世界的ベストセラー。

    1月11日(金)に日本に上陸し、待望の邦訳版ということで、多くの人が書店店頭で本書を求めたようです。

    FACTFULNESS
    著者:ハンス・ロスリング オーラ・ロスリング アンナ・ロスリング・ロンランド 上杉周作
    発売日:2019年01月
    発行所:日経BP社
    価格:1,980円(税込)
    ISBNコード:9784822289607

    副題に「10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」とあるように、本書は著者のハンス・ロスリング博士が“ついとらわれてしまう思い込み”の正体と、“正しく世界を見るためのスキル”について書いた本。

    ちなみに次の問題は「学歴が高いほど正答率が低くなる」のだそうです。さて、答えは何でしょうか?

    世界の1歳児でなんらかの予防接種を受けている子供はどのくらいいる?

    A:20%、B:50%、C:80%

    今回のランキングはいかがでしたか? 違った角度から今話題の本が見えるこのランキングが、新しい本と出合うきっかけになれば幸いです! 次回もお楽しみに!!

     

    「本屋で今検索されている本ランキング」とは?

    書店店頭でも見かけることが多くなった、在庫や商品棚を調べるのに便利な“検索機”。

    「本屋で今検索されている本ランキング」では、全国の書店に設置された端末で「いま何が検索されているのか?」を調べ、ランキング形式でご紹介しています(今回の集計期間:2019年1月15日~21日/日販 attaplus!調べ)。

     

    前回のランキングを見る

    ハウステンボス澤田社長の愛読書『運命を拓く』が話題に:本屋で今検索されている本ランキング(2019年1月8日~1月14日)

     

    年間ランキングを見てみる

    2018年「最も書店で検索された本」は? 店頭検索機のデータから1年間を振り返る




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る