• fluct

  • 樹木希林の珠玉の言葉たちが一冊に。芥川賞候補作からは「平成くん」がランクイン!:本屋で今検索されている本ランキング(2018年12月18日~12月24日)

    2018年12月26日
    もっと見る
    attaplus!事務局(日販 CRM推進課)
    Pocket

    本屋で今検索されている本ランキング

    第1位は、これで4週連続となった『トラペジウム』。順位だけでなく検索数もキープしており、その人気ぶりには目を見張るばかりです。

    書店店頭での品切れ続出を受けて大規模重版が行なわれ、先日重版分が並び始めましたが、それと同時に出版元のKADOKAWAからは「年内の生産力ではこれが限界」との異例のコメントが公表されました。

    トラペジウム
    著者:高山一実
    発売日:2018年11月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784040686967

    高山一実『トラペジウム』 想像以上の売れ行きで「年内の生産はこれが限界」

    第2位・第3位には、発売されたばかりの新刊がランクイン。

    第2位は『一切なりゆき』。今年9月に亡くなった樹木希林さんが活字で遺した言葉たちを集め、章立てて編んだもので、タイトルの「一切なりゆき」は、生前希林さんが色紙に書いていた「私の役者魂はね 一切なりゆき」という言葉から選ばれたのだそうです。

    「こんなものに頼らないで自分で考えなさい」

    希林さんならきっとそんなふうに言うかもしれない……と思いながらも、一見ぶっきらぼうでも温かなユーモアが感じられる言葉の数々は、お守りのように常に携えておきたくなるはずです。

    一切なりゆき
    著者:樹木希林
    発売日:2018年12月
    発行所:文藝春秋
    価格:864円(税込)
    ISBNコード:9784166611942

    第3位の『チコっと冒険 First』は、雑学クイズ番組「チコちゃんに叱られる!」(NHK総合)の公式ビジュアルブック。番組を飛び出してさまざまなシチュエーションで撮影された、チコちゃんの普段は見られない表情まで楽しめる一冊です。

    5才児ならではの素朴な疑問を投げかけ、答えられないと可愛らしい普段の表情から豹変、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と大人を叱るチコちゃん。

    本書には“100の質問”でチコちゃんのプライベートに迫るコーナーや、シールのおまけなどもついています。

    チコっと冒険 First
    著者:CHICO
    発売日:2018年12月
    発行所:徳間書店
    価格:1,404円(税込)
    ISBNコード:9784198647452

    そして最後に紹介するのは、先日発表された第160回芥川賞候補作から唯一トップ10入りした『平成くん、さようなら』。

    著者が社会学者の古市憲寿さん、そして本作が小説デビュー作ということもあり、注目を集めています。

    『平成くん、さようなら』は、平成生まれで名前も「平成(ひとなり)」、現代的な生活を送り、平成を象徴する人物としてメディアを中心に活躍する「平成くん」が主人公。そんな彼が、ある日「平成の終わりと共に安楽死したい」と恋人に告げるところから物語は始まります。

    語り手は、突然平成くんから「安楽死したい」と告げられた恋人の「愛ちゃん」。愛ちゃんが何度思いとどまらせようとしても「平成くん」の意思は変わらず、納得いく理由を聞き出そうとしても話そうとしません。

    いったい平成くんは何を考えているのか? 本当に死んでしまうのか? その答えはぜひ小説を読んで確かめてみてください。

    なお芥川賞の選考会は、2019年1月16日(水)の午後4時からとなっています。

    平成くん、さようなら
    著者:古市憲寿
    発売日:2018年11月
    発行所:文藝春秋
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784163909233

    元年生まれの青年が「平成の終わりに安楽死」を選んだ理由とは? 古市憲寿の初小説『平成くん、さようなら』

    第160回芥川龍之介賞候補に6作:「平成くん、さようなら」古市憲寿をはじめ4名が初ノミネート

    今回のランキングはいかがでしたか? 違った角度から今話題の本が見えるこのランキングが、新しい本と出合うきっかけになれば幸いです! 次回もお楽しみに!!

     

    「本屋で今検索されている本ランキング」とは?

    書店店頭でも見かけることが多くなった、在庫や商品棚を調べるのに便利な“検索機”。

    「本屋で今検索されている本ランキング」では、全国の書店に設置された端末で「いま何が検索されているのか?」を調べ、ランキング形式でご紹介しています(今回の集計期間:2018年12月18日~24日/日販 attaplus!調べ)。

     

    前回のランキングを見る

    『トラペジウム』3週連続トップ!「大恋愛」「中学聖日記」関連本もランクイン:本屋で今検索されている本ランキング(2018年12月11日~12月17日)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る