• fluct

  • 今売れている文庫ランキング(2018年12月10日~12月16日)

    2018年12月18日
    もっと見る
    日販 ほんのひきだし編集部 川下
    Pocket

    第11位~第20位

    第11位にランクインしたのは坂岡真さんの「鬼役」シリーズ第25弾『引導』。将軍の毒味役をする傍ら、裏御用として幕府に巣食う悪を成敗する、矢背蔵人介を主人公とした時代小説です。

    引導
    著者:坂岡真
    発売日:2018年12月
    発行所:光文社
    価格:660円(税込)
    ISBNコード:9784334777807

    今作では、蔵人介が御前試合で唯一不覚をとった相手である、月崎兵衛が登場。蔵人介は月崎とともに、苦界へ身を落としたという月崎の妻を捜し始めますが……。

    第19位には、現在公開中の映画「来る」の原作『ぼぎわんが、来る』がランクイン! 第22回日本ホラー大賞を受賞した澤村伊智さんのデビュー小説です。

    ぼぎわんが、来る
    著者:澤村伊智
    発売日:2018年02月
    発行所:KADOKAWA
    価格:748円(税込)
    ISBNコード:9784041064290

    物語は、妻と一人娘を抱えるサラリーマン・田原秀樹の周囲で不気味な現象が多発するところから始まります。秀樹は幼馴染のオカルトライター・野崎のツテをたどって比嘉真琴という女性霊媒師に頼ることになりますが、真琴は迫りくるものが極めて凶暴なものだと察知し……。

    3人の別々の視点から語られる構成と次々明かされていく真実、読者の予想を裏切る展開に、多くの称賛が寄せられている作品です。

    関連記事
    『ぼぎわんが、来る』岡田准一出演で映画化!凶悪な化け物に追いかけられる本格ホラー

    ▼映画「来る」予告編

     

    注目作のピックアップ

    今回は、先日発売された村田沙耶香さんのエッセイ集『きれいなシワの作り方』をピックアップ! 女性誌「anan」で連載していた「アラサーからの思春期病」をまとめたものです。結婚や出産、健康問題やSNSとの付き合い方まで、大人の女性であれば多くの人が気になるテーマを、村田さん独自の視点で綴っています。

    きれいなシワの作り方
    著者:村田沙耶香
    発売日:2018年12月
    発行所:文藝春秋
    価格:759円(税込)
    ISBNコード:9784167911973

    ・「結婚願望はないです」と答えていた若かった自分を反省して、「機会があったらしてみたい」と答える今日このごろ。大きな成長、この変化が嬉しい!
    ・自意識が邪魔して、FBやmixiにほとんど意味のあることを書きこめず。SNSにお洒落な写真をアップロードできる日は来るのか!?
    ・通販の罠にかかり、ネットのお洒落な店のサイトを見ている内に頭が沸騰。「この戦い、負けられない!」と早朝からPCに張り付いて予約に成功。気が付けば部屋は段ボール箱だらけ……。
    ・年末年始もいつものコンビニでバイト。お一人さまの正月はいつもと違う空気感で嫌いじゃない。
    ・「バーに行こう!」と思い立ち、初めて一人で入った店が「シガーバー」……。
    ・同世代の女性と会うといつも話す「産むか、産まないか」。「産まない派」と見せかけて「本当にそれでいいのか」と夜中に悶々とするわたし。期限は迫る。

    文藝春秋BOOKS『きれいなシワの作り方』より)

    以上、今週の今売れている文庫ランキングでした。

    来週はどんなタイトルが登場するのでしょうか。次回もお楽しみに!

     

    前回のランキングを見る

    今売れている文庫ランキング(2018年12月3日~12月9日)

     

    文庫新刊ラインアップ

    2019年1月発売の文庫新刊ラインアップ(発売日順:1日~15日)
    2019年1月発売の文庫新刊ラインアップ(発売日順:16日~31日)

    その他の期間の発売日はこちら




    1 2
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る