• fluct

  • 佐伯泰英「空也十番勝負」シリーズ第9弾『荒ぶるや』が第1位に初登場|週間文庫ランキング(2023年1月10日調べ)

    2023年01月11日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    第1位には、佐伯泰英さんの「空也十番勝負」シリーズ第9弾『荒ぶるや』が初登場しました。本シリーズは、人気シリーズ『居眠り磐音』の主人公である坂崎磐音の嫡子・空也の活躍を描いた物語です。

    荒ぶるや
    著者:佐伯泰英
    発売日:2023年01月
    発行所:文藝春秋
    価格:847円(税込)
    ISBNコード:9784167919801

    京の都。
    祇園感神院の西ノ御門前で空也は、往来の華やかさに圧倒されていた。
    法被を着た白髪髷の古老が空也の長身に目をつけ、ある提案を持ちかける。

    姥捨の郷では眉月や霧子たちが空也の到着を待ちわび、遠く江戸の神保小路で母おこんや父磐音がその動向を案じる中、空也の武者修行は思わぬ展開を迎えることになる。

    そこへ、薩摩に縁がある武芸者の影が忍び寄り……。

    (文藝春秋公式サイト『荒ぶるや』より)

     

    第6位には、TVドラマが1月7日(土)から放送されている『三千円の使いかた』がランクアップしました。本作は、作中に登場する女性4人の「お金の使いかた」を通して、お金の知識を深めることができる“節約家族小説”で、TVドラマでは葵わかなさんが主演を務めています。

    三千円の使いかた
    著者:原田ひ香
    発売日:2021年08月
    発行所:中央公論新社
    価格:770円(税込)
    ISBNコード:9784122071001

    そのほかの新刊では、畠中恵さんの時代小説『わが殿』上・下巻が第8位と第9位にそれぞれ初登場しました。『しゃばけ』などで知られる畠中さんが初めて実在の人物をモチーフにした作品で、「借金」をテーマにした物語です。

    わが殿 上
    著者:畠中恵
    発売日:2023年01月
    発行所:文藝春秋
    価格:737円(税込)
    ISBNコード:9784167919818

    わが殿 下
    著者:畠中恵
    発売日:2023年01月
    発行所:文藝春秋
    価格:770円(税込)
    ISBNコード:9784167919825

    合戦が始まる。敵の名は、借金——。

    幕末期、ほとんどの藩が財政赤字に喘ぐ中、大野藩も例外ではなかった。
    藩主・土井利忠は、様々な藩政改革を断行し、多額の借金を抱える藩財政を立て直そうとする。その執行役として白羽の矢が立てられたのが、若干八十石の内山家の長男である七郎右衛門良休。
    四歳年下の殿の人柄と才覚に惚れきった七郎右衛門は、己の生涯を懸けて利忠と向き合い、時には反発しながらも、大野藩の再生に奔走する。

    (文藝春秋公式サイト『わが殿(上)』より)



     

     

    文庫売上ランキング トップ10

    ※日販調べ。
    ※トップ10のみ前回との順位比較を記載。★印は集計期間中(2023年1月2日~1月8日)に発売された新刊です。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

    前回のランキングを見る

    人気バンドが忽然と消え、連続殺人発生!? 特殊能力刑事チームが、残酷な罪を暴き出す『夢の終幕』が初登場!|週間文庫ランキング(2022年12月27日調べ)




     

    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る