• fluct

  • 興行収入100億円突破目前「すずめの戸締まり」の原作小説が第1位に!木村拓哉主演ドラマ「教場」の原作最新作もランクイン|週間文庫ランキング(2022年12月13日調べ)

    2022年12月14日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    小説すずめの戸締まり
    著者:新海誠
    発売日:2022年08月
    発行所:KADOKAWA
    価格:748円(税込)
    ISBNコード:9784041126790

    第1位は、映画「すずめの戸締まり」の新海誠監督が自ら書いた原作小説『小説 すずめの戸締まり』でした。映画は公開1か月で興行収入が85億9千万円、観客動員数が636万人の大ヒットとなっており、100億円突破が目前となっています。12月22日(木)には、新海誠監督が登場する舞台挨拶も行われます。

    第6位には、誉田哲也さんのノワール小説『妖の掟』が初登場しました。時代を越えて生きる一族、闇神(やがみ)の紅鈴と欣治は、ある夜、暴行されていた情報屋の圭一を助けたことから親しくなるものの、圭一の仕事を手伝ううち、大和会系組長3人殺しに関わることになります。

    妖の掟
    著者:誉田哲也
    発売日:2022年12月
    発行所:文藝春秋
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784167919672

    第15位には『教場X 刑事指導官・風間公親』が初登場しました。本シリーズは過酷な警察学校を舞台にした物語で、これまでに木村拓哉さんが主演のスペシャルドラマが2回、放送されています。また、2023年には「風間公親-教場0-」として連続TVドラマ化されます。

    教場X 刑事指導官・風間公親
    著者:長岡弘樹
    発売日:2022年12月
    発行所:小学館
    価格:858円(税込)
    ISBNコード:9784094072044

     



     

    文庫売上ランキング トップ10

    ※日販調べ。
    ※トップ10のみ前回との順位比較を記載。★印は集計期間中(2022年12月5日~12月11日)に発売された新刊です。

    第1位~第10位

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

    前回のランキングを見る

    浅草で日本を震撼させる男児誘拐事件が発生――実在の事件をモデルに描かれた『罪の轍』が初登場|週間文庫ランキング(2022年12月6日調べ)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る