• fluct

  • 映画公開間近、新海誠監督「すずめの戸締まり」の原作小説が第1位に|週間文庫ランキング(2022年11月8日調べ)

    2022年11月09日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    第1位は、11月11日(金)に公開される映画「すずめの戸締まり」を新海誠監督自らが綴った『小説 すずめの戸締まり』でした。「すずめの戸締まり」は、前作「天気の子」から約3年ぶりとなる新作で、九州の静かな港町が舞台の作品です。

    小説すずめの戸締まり
    著者:新海誠
    発売日:2022年08月
    発行所:KADOKAWA
    価格:748円(税込)
    ISBNコード:9784041126790

    九州の静かな港町で叔母と暮らす17歳の少女、岩戸鈴芽。
    ある日の登校中、美しい青年とすれ違った鈴芽は、「扉を探してるんだ」という彼を追って、山中の廃墟へと辿りつく。
    しかしそこにあったのは、崩壊から取り残されたように、ぽつんとたたずむ古ぼけた白い扉だけ。
    何かに引き寄せられるように、鈴芽はその扉に手を伸ばすが……。

    (KADOKAWA公式サイト『小説 すずめの戸締まり』より)

     

    第9位には、直木賞作家・今村翔吾さんの『風待ちの四傑』が初登場しました。本作は、エンターテインメント時代小説「くらまし屋稼業」シリーズの第8弾で、暗黒街の凄腕たちの、人智を超えた戦いが描かれています。

    風待ちの四傑
    著者:今村翔吾
    発売日:2022年11月
    発行所:角川春樹事務所
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784758444804

    第13位には、12月2日(金)に実写映画公開が控える『月の満ち欠け』がランクインしました。2017年に第157回直木賞を受賞した作品で、映画には大泉洋さん、有村架純さん、Snow Manの目黒蓮さん、柴咲コウさんなど、豪華俳優陣が出演します。公開まで1か月を切って露出が増えたことにより、原作の注目度も高まっています。

    月の満ち欠け
    著者:佐藤正午
    発売日:2019年10月
    発行所:岩波書店
    価格:935円(税込)
    ISBNコード:9784000014113

    第28位には、2010年に文庫版が発売された湊かなえさんの『告白』がランクインしました。文庫版の売上が300万部を突破したことを記念し、『呪術廻戦』の著者・芥見下々さんとのスペシャルコラボをはじめとしたフェアが開催されています。

    告白
    著者:湊かなえ
    発売日:2010年04月
    発行所:双葉社
    価格:681円(税込)
    ISBNコード:9784575513448



     

    文庫売上ランキング トップ10

    ※日販 調べ。
    ※トップ10のみ前回との順位比較を記載。★印は集計期間中(2022年10月31日~11月6日)に発売された新刊です。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

    前回のランキングを見る

    「俺は――鈴音に正式に告白する」波乱続きの『ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編』最新巻が第1位に|週間文庫ランキング(2022年11月1日調べ)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る