• fluct

  • 福山雅治、柴咲コウ出演の映画が公開された『沈黙のパレード』が第1位に|週間文庫ランキング(2022年9月27日調べ)

    2022年09月28日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    実写映画が9月16日(金)に公開された『沈黙のパレード』が第1位となりました。

    東野圭吾さんの「ガリレオ」シリーズは、TVドラマが2007年と2013年、実写映画が2008年と2013年に公開され、今回は実に9年ぶりの映画化ということで話題となっていました。映画「沈黙のパレード」は、公開初週の土日2日間で観客動員数28万1,000人、興行収入4億700万円(興行通信社調べ)をあげる好スタートを切りました。

    沈黙のパレード
    著者:東野圭吾
    発売日:2021年09月
    発行所:文藝春秋
    価格:891円(税込)
    ISBNコード:9784167917456

    ランキング集計期間内の新刊でTOP10入りしたのは、第6位の『ありふれた職業で世界最強』第13巻と、第9位の『結界師の一輪華』第2巻、第10位の『わが家は祇園の拝み屋さんEX 愛しき回顧録』でした。

    『結界師の一輪華』は、「鬼の花嫁」シリーズを手掛けるクレハさんが描く異能×和風恋愛ファンタジーで、コミカライズ版第1巻も9月30日(金)に発売予定です。

    幼い頃より虐げられてきた少女・華(はな)は、強い術者の力を隠して生きてきた。
    だが本家新当主で、美しく強力な結界師である一ノ宮朔(いちのみや・さく)に迫られ、華は契約嫁として日本を護る柱石の結界強化に協力する。
    期間限定の契約結婚のはずが、なぜか朔から気に入られ、結婚は解消できずにいるままだが、華は朔のおかげで本来の自分を取り戻し始めていた。

    そんな中、術者協会に侵入者が発生し、いくつかの危険な呪具が盗まれてしまう。
    朔との離婚を華に迫る二条院家の双子、桔梗と桐矢も現れて、新たな波瀾の予感が……。

    (KADOKAWA公式サイト『結界師の一輪華(2)』より)

    ありふれた職業で世界最強 13
    著者:白米良
    発売日:2022年09月
    発行所:オーバーラップ
    価格:869円(税込)
    ISBNコード:9784824002631

    結界師の一輪華 2
    著者:クレハ ボダックス
    発売日:2022年09月
    発行所:KADOKAWA
    価格:682円(税込)
    ISBNコード:9784041126486

    わが家は祇園の拝み屋さんEX 愛しき回顧録
    著者:望月麻衣 友風子
    発売日:2022年09月
    発行所:KADOKAWA
    価格:704円(税込)
    ISBNコード:9784041128671



     

    文庫売上ランキング トップ10

    ※日販 オープンネットワークWIN調べ。
    ※トップ10のみ前回との順位比較を記載。★印は集計期間中(2022年9月19日~9月25日)に発売された新刊です。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

     

    前回のランキングを見る

    『リコリス・リコイル Ordinary days』が第1位に|週間文庫ランキング(2022年9月20日調べ)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る