• fluct

  • 連続TVドラマ化決定・湊かなえの『落日』や、「屍人荘の殺人」シリーズ第2弾『魔眼の匣の殺人』が初登場|週間文庫ランキング(2022年8月16日調べ)

    2022年08月17日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    第1位は髙田郁さんの『あきない世傳 金と銀(13)』、第2位は上田秀人さんの『内憂 惣目付臨検仕る(4)』と、人気時代小説シリーズがそれぞれ初登場しました。

    あきない世傳金と銀 十三
    著者:高田郁
    発売日:2022年08月
    発行所:角川春樹事務所
    価格:748円(税込)
    ISBNコード:9784758445061

    内憂
    著者:上田秀人
    発売日:2022年08月
    発行所:光文社
    価格:726円(税込)
    ISBNコード:9784334793951

    第4位には、WOWOWで連続TVドラマ化が決定した湊かなえさんの『落日』がランクイン。着想となったキーワードは「裁判」と「映画」で、作家生活10周年の節目の作品として書き下ろされたミステリー長篇です。

    わたしがまだ時折、自殺願望に取り付かれていた頃、サラちゃんは殺された──新人脚本家の甲斐千尋は、新進気鋭の映画監督長谷部香から、新作の相談を受けた。十五年前、引きこもりの男性が高校生の妹を自宅で刺殺後、放火して両親も死に至らしめた『笹塚町一家殺害事件』。笹塚町は千尋の生まれ故郷でもあった。香はこの事件を何故撮りたいのか。千尋はどう向き合うのか。そこには隠された驚愕の「真実」があった……令和最高の衝撃&感動の長篇ミステリー。

    (角川春樹事務所公式サイト『落日』より)

    落日
    著者:湊かなえ
    発売日:2022年08月
    発行所:角川春樹事務所
    価格:858円(税込)
    ISBNコード:9784758445085

    そのほかの新刊では、第7位に今村昌弘さんの「屍人荘の殺人」シリーズ第2弾『魔眼の匣の殺人』が初登場しました。今村さんはデビュー作『屍人荘の殺人』で、「このミステリーがすごい!」をはじめとする主要ミステリランキングで第1位を獲得。今作では、死の予言とミステリの組み合わせに挑み、2019年に単行本が発売された際には、さまざまなミステリランキングでベスト3にランクインしました。

    魔眼の匣の殺人
    著者:今村昌弘
    発売日:2022年08月
    発行所:東京創元社
    価格:858円(税込)
    ISBNコード:9784488466121

    「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」人里離れた施設に暮らし、予言者と恐れられる老女は、その日訪ねた葉村譲と剣崎比留子ら九人に告げた。直後、彼らと外界を結ぶ唯一の橋が燃え落ちて脱出不可能に。予言通りに一人が命を落とし、さらに客の女子高生が予知能力者と判明して慄然とする葉村たち。残り48時間、死の予言は成就するのか。

    (東京創元社公式サイト『魔眼の匣の殺人』より)

     

    文庫売上ランキング トップ10

    ※日販 オープンネットワークWIN調べ。
    ※トップ10のみ前回との順位比較を記載。★印は集計期間中(2022年8月8日~8月14日)に発売された新刊です。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

    前回のランキングを見る

    「新・酔いどれ小籐次」シリーズ完結作『御留山』や、有川ひろの“お仕事&ベタ甘ラブコメ”『イマジン?』が初登場|週間文庫ランキング(2022年8月9日調べ)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る