• fluct

  • 人気クリエイター・ナガノの『くまのむちゃうま日記』が第1位に|本屋で今検索されている本ランキング(2022年6月22日~6月28日)

    2022年07月01日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    本屋で今検索されている本ランキング
    全国の書店に設置された端末で「いま何が検索されているのか?」を調べ、ランキング形式でご紹介しています(日販 attaplus!調べ)。売上冊数ではなく「検索数」を集計していることから、従来のランキングとは違った角度で“今話題の本”がわかります。

     

    第1位は『くまのむちゃうま日記』第1巻

    くまのむちゃうま日記 1
    著者:ナガノ
    発売日:2022年06月
    発行所:講談社
    価格:1,210円(税込)
    ISBNコード:9784065282861

    6月22日(水)に発売された、『くまのむちゃうま日記』第1巻が第1位となりました。また、同時に発売された特装版も第10位にランクインしました。

    著者は、LINEスタンプ「自分ツッコミくま」「ちいかわ」などの人気シリーズを数多く手掛けるナガノさん。企業やアーティストとコラボしたグッズや、地方自治体のキャラクターデザインなど多岐にわたって活躍する人気イラストレーターです。

    ちょっとした外食に、お手軽おうちごはん。おいしいものがあるだけで、こんなに楽しい毎日だ!
    生きてると、つらいときもあるけれど、「うまい」の三文字で幸せになれる。
    お片づけや洗い物はちょっぴり面倒だし、隙あらば「買った方が早インパラ」が襲来する、波乱万丈!?なくまのむちゃうまデイリーライフ、どうぞお楽しみください!

    講談社コミックプラス『くまのむちゃうま日記(1)』より

     

    総再生回数2億超!「sumika」のフロントマンによる初エッセイが第3位に

    凡者の合奏
    著者:片岡健太
    発売日:2022年06月
    発行所:KADOKAWA
    価格:2,090円(税込)
    ISBNコード:9784046056672

    第3位にランクインしたのは、ロックバンド「sumika」のボーカル・片岡健太さんの初エッセイ『凡者の合奏』でした。sumikaは神奈川県川崎市出身の4人組男性バンドで、YouTubeチャンネルで公開されているMVの総再生回数は2億回を超えています。

    本書は、片岡さんと、彼と関わる人々との記録が綴られており、全文書き下ろしのエッセイのほか、故郷の川崎市や思い出の地を巡った撮り下ろし写真も多数収録されています。

    「さまざまな人にとっての“sumika(住処)”のような場所になって欲しい」
    バンド名の由来にもあるように、sumikaの音楽はとにかく優しく、人への愛にあふれている。
    その中心にいる、すべての楽曲の作詞を手掛けるフロントマン・片岡健太。
    彼の紡ぐ言葉は、人々に寄り添い、そっと背中を押してくれる。その源はどこから来ているのだろうか。

    (KADOKAWA公式サイト『凡者の合奏』より抜粋)

    片岡健太さんの初エッセイ『凡者の合奏』の試し読みはこちら

     



    本屋で今検索されている本ランキング(2022年6月22日~6月28日)

     

    前回のランキングをみる

    “YouTube界の炎上女王”あやなんの『炎上白書』や「シン・ウルトラマン」関連本がランクイン|本屋で今検索されている本ランキング(2022年6月15日~6月21日)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る