• fluct

  • ドラマ「逃げ恥」「真田丸」、大ヒット曲「恋」…星野源が怒濤の日々を送った2年間に書かれたエッセイ『いのちの車窓から』が第1位に|本屋で今検索されている本ランキング(2022年1月19日~1月25日)

    2022年01月28日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    本屋で今検索されている本ランキング
    全国の書店に設置された端末で「いま何が検索されているのか?」を調べ、ランキング形式でご紹介しています(日販 attaplus!調べ)。売上冊数ではなく「検索数」を集計していることから、従来のランキングとは違った角度で“今話題の本”がわかります。

     

    第1位に星野源のエッセイ『いのちの車窓から』が初登場

    いのちの車窓から
    著者:星野源
    発売日:2022年01月
    発行所:KADOKAWA
    価格:660円(税込)
    ISBNコード:9784041026496

    星野源さんが雑誌『ダ・ヴィンチ』で連載していたエッセイをまとめた『いのちの車窓から』の文庫版が、第1位に初登場しました。

    単行本は2017年に発売され、累計発行部数が40万部を超えるベストセラーとなりました。文庫版ではカバーを新装し、10ページ(エッセイ約2本半分に相当)にわたる、長い「文庫版あとがき」が新たに収録されています。

    ドラマ「逃げ恥」、「真田丸」、大ヒット曲「恋」に「紅白」出場と、2014年以降、怒濤の日々を送った2年間。
    瞬く間に注目を浴びるなかで、描写してきたのは、周囲の人々、日常の景色、ある日のできごと、心の機微……。
    その一篇一篇に写し出されるのは、星野源の哲学、そして真意。

    (KADOKAWA公式サイトより)

     

    直木賞受賞の『塞王の楯』が第3位に浮上

    塞王の楯
    著者:今村翔吾
    発売日:2021年10月
    発行所:集英社
    価格:2,200円(税込)
    ISBNコード:9784087717310

    第166回直木賞を受賞した『塞王の楯』が第3位に浮上しました。

    『塞王の楯』は、戦国の世から戦をなくそうと、「絶対に破られない石垣」を築くために道を究めようとする石工・匡介(きょうすけ)が主人公の物語。匡介と目指すところは同じなれど、それを「どんな城も落とす砲」によって実現しようとする鉄砲職人・彦九郎(げんくろう)としのぎを削り、「最強の楯」と「至高の矛」がぶつかり合う様が手に汗握る筆致で描かれています。

    関連記事
    『塞王の楯』で直木賞を受賞した今村翔吾さん 近日公開:対談「作家・今村翔吾×ふたば書房社長・洞本昌哉」の一部を紹介

     

    Twitterで人気のショートコミック『おでかけ子ザメ』が第5位に初登場

    おでかけ子ザメ
    著者:ペンギンボックス
    発売日:2022年01月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,155円(税込)
    ISBNコード:9784046055705

    1月19日(水)に発売された『おでかけ子ザメ』が第5位に初登場しました。

    著者のペンギンボックスさんは、Twitterのフォロワー数が約26万人の人気漫画家。『おでかけ子ザメ』は、ほのぼのとした作風がTwitterやpixivで人気となって書籍化された作品です。

    ちょっと懐かしい匂いのする八魚町で子ザメちゃんの小さな大冒険が始まる!
    夏の日のサイダーにチューチューアイス、ラジオ体操にお祭りの屋台、そしてお友達とのとっておきの場所。
    子ザメちゃんの目に映る世界はこんなにもキラキラ輝いている――!
    ちょっぴりレトロでちょっぴり切なく、そして最高に温かいショートコミック!

    (KADOKAWA公式サイト『おでかけ子ザメ』より)

     

    本屋で今検索されている本ランキング(2022年1月19日~1月25日)

     

    前回のランキングをみる

    地方局から全国の人気番組になった「ゴゴスマ」石井アナの『なぜか得する話し方』がランクイン|本屋で今検索されている本ランキング(2022年1月12日~1月18日)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る