• fluct

  • 第166回芥川賞は砂川文次さんの「ブラックボックス」、直木賞は今村翔吾さんと米澤穂信さんがW受賞!

    2022年01月19日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    日本文学振興会は1月19日(水)、第166回芥川龍之介賞・直木三十五賞の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、芥川賞に砂川文次さんの「ブラックボックス」(群像8月号)、直木賞に今村翔吾さんの『塞王の楯』(集英社)と米澤穂信さんの『黒牢城』(KADOKAWA)をそれぞれ選出しました。

    なお芥川賞受賞作は、2月10日(木)発売の「文藝春秋」3月号に全文と選評を掲載。直木賞受賞作は、2月22日(火)発売の「オール讀物」3・4月合併号に作品の一部と選評が掲載されます。

     

    芥川賞

    砂川文次「ブラックボックス」(ノミネート3回目)

    すなかわ・ぶんじ。1990年大阪府生まれ。公務員。2016年「市街戦」で第121回文學界新人賞を受賞。

    ブラックボックス
    著者:砂川文次
    発売日:2022年01月
    発行所:講談社
    価格:1,705円(税込)
    ISBNコード:9784065273654

    〈主な作品〉
    「市街戦」(2016年文學界5月号)
    「熊狩り」(2016年文學界11月号)
    「バベルの褒賞」(2017年文學界11月号)
    『戦場のレビヤタン』(文藝春秋)=第160回芥川賞候補
    『臆病な都市』(講談社)
    『小隊』(文藝春秋)=第164回芥川賞候補
    「ブラックボックス」(単行本は1月26日に講談社から刊行予定)

    第166回芥川龍之介賞候補作品(くわしくはこちら
    ・石田夏穂「我が友、スミス」(すばる11月号)
    ・九段理江「Schoolgirl」(文學界12月号)
    ・島口大樹「オン・ザ・プラネット」(群像12月号)
    ・砂川文次「ブラックボックス」(群像8月号)
    ・乗代雄介「皆のあらばしり」(新潮10月号)

     

    直木賞

    今村翔吾『塞王の楯』(ノミネート3回目)

    いまむら・しょうご。1984年京都府生まれ。2017年文庫書下ろし『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』でデビュー。2018年「童神」で第10回角川春樹小説賞を受賞(刊行時に、『童の神』と改題)。

    塞王の楯
    著者:今村翔吾
    発売日:2021年10月
    発行所:集英社
    価格:2,200円(税込)
    ISBNコード:9784087717310

    幼い頃、落城によって家族を喪った石工の匡介(きょうすけ)。
    彼は「絶対に破られない石垣」を作れば、世から戦を無くせると考えていた。
    一方、戦で父を喪った鉄砲職人の彦九郎(げんくろう)は「どんな城も落とす砲」で人を殺し、その恐怖を天下に知らしめれば、戦をする者はいなくなると考えていた。
    秀吉が病死し、戦乱の気配が近づく中、匡介は京極高次に琵琶湖畔にある大津城の石垣の改修を任される。
    攻め手の石田三成は、彦九郎に鉄砲作りを依頼した。
    大軍に囲まれ絶体絶命の大津城を舞台に、信念をかけた職人の対決が幕を開ける。

    (集英社『塞王の楯』特設ページより)

    〈主な作品〉
    『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』(祥伝社)ほか「羽州ぼろ鳶組シリーズ」12冊
    『くらまし屋稼業』(角川春樹事務所)ほか同シリーズ7冊
    『童の神』(角川春樹事務所)=第160回直木賞候補
    『ひゃっか!』(文響社)
    『てらこや青義堂師匠、走る』(小学館)
    『八本目の槍』(新潮社)
    『じんかん』(講談社)=第163回直木賞候補
    『塞王の楯』(集英社)

     

    米澤穂信『黒牢城』(ノミネート3回目)

    1978年3月岐阜県生まれ。2001年『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラ一部門奨励賞を受賞し、デビュー。

    黒牢城
    著者:米澤穂信
    発売日:2021年06月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784041113936

    本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の智将・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。デビュー20周年の集大成。『満願』『王とサーカス』の著者が辿り着いた、ミステリの精髄と歴史小説の王道。

    (KADOKAWA公式ページより)

    〈主な作品〉
    『氷菓』(KADOKAWA)
    『インシテミル』(文藝春秋)
    『追想五断章』(集英社)
    『折れた竜骨』(東京創元社)
    『満願』(新潮社)=第151回直木賞候補
    『真実の10メートル手前』(東京創元社)=第155回直木賞候補
    『黒牢城』(KADOKAWA)

    第166回直木三十五賞候補作品(くわしくはこちら
    ・逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』(早川書房)
    ・彩瀬まる『新しい星』(文藝春秋)
    ・今村翔吾『塞王の楯』(集英社)
    ・柚月裕子『ミカエルの鼓動』(文藝春秋)
    ・米澤穂信『黒牢城』(KADOKAWA)

     

    前回(第165回)の受賞作

    第165回芥川賞・直木賞はともにW受賞!芥川賞に石沢麻依さん、李琴峰さん、直木賞に佐藤究さん、澤田瞳子さん




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る