• fluct

  • 『パンどろぼう』『だるまさんが』『はらぺこあおむし』…名著や新作の中で最も売れた絵本は? 2021年の年間ベストセラー絵本ランキングの発表!

    2021年12月24日
    もっと見る
    Pocket

    毎年、年末に発表している「年間ベストセラー」。総合ランキングのほか、「文庫」「コミック」「単行本フィクション」などの11の分類別ランキングを発表しています。

    ほんのひきだしではその番外編として、今年特に注目された「SDGs」「レシピ本」「絵本」に焦点をあてたランキングを紹介します。

    第3弾の今回は、「絵本」に関するランキングです。

    関連記事

    第1弾:ますます注目される「SDGs」の本で今年一番売れたのは? 年間ベストセラーSDGsランキング2021

    第2弾:「手抜き」「志麻さん」「オートミール」今年一番売れたレシピ本は? 2021年の年間ベストセラーレシピ本ランキング2021の発表

     

    2021年の「絵本」のトレンドについて

    絵本ジャンルは例年、新作だけではなく過去の名作も売れ続けているのが特徴で、今年もTOP20のうち15作が2020年より前に発売された作品でした。そのうちの7作は、2000年より前に発売されたものです。

    児童書ジャンルは2018年から売上増加傾向にありましたが、おうち時間が増えたことに伴い、2020年以降は売上が飛躍的に増加。各家庭で「絵本の読み聞かせ」も盛んに行われるようになりました。

    子どもが楽しめる定番作品から、大人も一緒に楽しめる絵本までランクインする中、今年もっとも売れた本は何だったのでしょうか。売上TOP20を発表します。



    「絵本」年間ベストセラー2021

    集計期間:2020年11月24日~2021年11月21日(日販調べ)
    対象書籍:児童書ジャンルから「絵本」を抽出※雑誌、ムックは除く

    順位 書名 発売年月
    第1位 『パンどろぼう』(KADOKAWA/柴田ケイコ) 2020/4
    第2位 『だるまさんが』(ブロンズ新社/かがくいひろし) 2008/1
    第3位 『パンどろぼうvsにせパンどろぼう』(KADOKAWA/柴田ケイコ) 2021/1
    第4位 『だるまさんと』(ブロンズ新社/かがくいひろし) 2009/1
    第5位 『だるまさんの』(ブロンズ新社/かがくいひろし) 2008/8
    第6位 『ボードブック はらぺこあおむし』(偕成社/作:エリック・カール、訳:もりひさし) 1997/9
    第7位 『きんぎょがにげた』(福音館書店/五味太郎) 1982/8
    第8位 『しましまぐるぐる』(学研プラス/柏原晃夫) 2009/4
    第9位 『もりの100かいだてのいえ』(偕成社/いわいとしお) 2021/6
    第10位 『おむつのなか、みせてみせて!』(パイ インターナショナル/文・絵:ヒド・ファン・ヘネヒテン、訳:松永りえ) 2018/8
    第11位 『あつかったらぬげばいい』(白泉社/ヨシタケシンスケ) 2020/8
    第12位 『ころりん・ぱ!』(ほるぷ出版/ひらぎみつえ) 2019/6
    第13位 『はらぺこあおむし』(偕成社/作:エリック・カール、訳:もりひさし) 1976/5
    第14位 『ノラネコぐんだん ケーキをたべる』(白泉社/工藤ノリコ) 2020/11
    第15位 『しろくまちゃんのほっとけーき』(こぐま社/わかやまけん、もりひさし、わだよしおみ) 1972/10
    第16位 『いないいないばあ』(童心社/文:松谷みよ子、絵:瀬川康男) 1967/4
    第17位 『おべんとうバス』(ひさかたチャイルド/真珠まりこ) 2006/1
    第18位 『ぐりとぐら』(福音館書店/作:なかがわりえこ、絵:おおむらゆりこ) 1967/1
    第19位 『どうぞのいす』(ひさかたチャイルド/作:香山美子、絵:柿本幸造) 1981/11
    第20位 『ねないこだれだ』(福音館書店/せなけいこ) 1969/11

     

    大人気「パンどろぼう」シリーズが第1位と第3位に

    パンどろぼう
    著者:柴田ケイコ
    発売日:2020年04月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,430円(税込)
    ISBNコード:9784041090602

    第1位となったのは、2020年に発売された柴田ケイコさんの『パンどろぼう』でした。本作は「第11回リブロ絵本大賞」で大賞を受賞、「第1回TSUTAYAえほん大賞」で第1位となるなど、数々の絵本に関する賞を受賞しました。

    お茶目で憎めないパンどろぼうが巻き起こす、ユーモアたっぷりの“事件”がクスっと笑えて、書店員や保育士などから絶賛の声があがっています。

    パンどろぼうくんの表情が最高です(笑)。子どもが絶対笑います。(年中クラスの保育士)
    絵本でこんなに笑ったのははじめて! 親子でパンどろぼうのファンになりました。(3歳男の子のママ)
    おいしそうなパンがいっぱい。パン屋にしのびこむシーンでは、「ここにいた!」と娘と大盛り上がり!(4歳女の子のママ)
    怒濤のシュールとインパクト、最後はほっこり。パンどろぼうくんの魅力にくぎづけです。(児童書売り場の書店員)

    (KADOKAWA公式サイトより)

    また、第3位にはシリーズ第2弾の『パンどろぼうvsにせパンどろぼう』もランクイン。「第5回未来屋えほん大賞」で大賞を受賞、「第2回TSUTAYAえほん大賞」で第1位となり、シリーズを通して書店員たちから支持を受けている作品となっています。

    パンどろぼうvsにせパンどろぼう
    著者:柴田ケイコ
    発売日:2021年01月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,430円(税込)
    ISBNコード:9784041110355

     

    「だるまさん」シリーズが上位に3作ランクイン

    0歳の赤ちゃんから楽しめる「だるまさん」シリーズから、第2位に『だるまさんが』、第4位に『だるまさんと』、第5位に『だるまさんの』がランクインしました。

    2008年の発売以来、多くの子どもたちに笑顔を届けてきた同シリーズは、0歳児向けのブックスタート®で採用されることも多く、新生児に贈る絵本の定番となっています。

    だるまさんが
    著者:かがくいひろし
    発売日:2008年01月
    発行所:ブロンズ新社
    価格:935円(税込)
    ISBNコード:9784893094315

    だるまさんと
    著者:かがくいひろし
    発売日:2009年01月
    発行所:ブロンズ新社
    価格:935円(税込)
    ISBNコード:9784893094520

    だるまさんの
    著者:かがくいひろし
    発売日:2008年08月
    発行所:ブロンズ新社
    価格:935円(税込)
    ISBNコード:9784893094476

     

    ロングセラー『はらぺこあおむし』がランクイン

    世界中で愛されているロングセラー絵本の『はらぺこあおむし』のボードブックが第6位に、通常版が第13位にランクインしました。

    はらぺこあおむし
    著者:エリック・カール 森比左志
    発売日:1997年09月
    発行所:偕成社
    価格:990円(税込)
    ISBNコード:9784032371109

    はらぺこあおむし 改訂
    著者:エリック・カール 森比左志
    発売日:1997年04月
    発行所:偕成社
    価格:1,320円(税込)
    ISBNコード:9784033280103

    日本語版の通常版の初版が発売されたのは1976年で、今年で45周年を迎えた『はらぺこあおむし』は、親世代が子どものころに楽しんだ作品で、今後も長く読み継がれていくであろう名作絵本です。

    著者のエリック・カール氏は今年の5月に91歳で逝去され、世界中のファンが追悼の意を表するとともに、売上にも大きな影響を与えました。

     

    昭和・平成・令和発売で比較

    TOP20にランクインした作品には、昭和・平成・令和それぞれの時代に発売された絵本が並びました。親から子どもや孫世代へ読み継いでいきたいものから、人気の新作シリーズまで、次に手に取る絵本を探す参考にしてみてください。

    昭和 『きんぎょがにげた』(福音館書店/五味太郎)
    『はらぺこあおむし』(偕成社/作:エリック・カール、訳:もりひさし)
    『しろくまちゃんのほっとけーき』(こぐま社/わかやまけん、もりひさし、わだよしおみ)
    『いないいないばあ』(童心社/文:松谷みよ子、絵:瀬川康男)
    『どうぞのいす』(ひさかたチャイルド/作:香山美子、絵:柿本幸造)
    『ねないこだれだ』(福音館書店/せなけいこ)
    『ぐりとぐら』(福音館書店/作:なかがわりえこ、絵:おおむらゆりこ)
    平成 『だるまさんが』(ブロンズ新社/かがくいひろし)
    『だるまさんと』(ブロンズ新社/かがくいひろし)
    『だるまさんの』(ブロンズ新社/かがくいひろし)
    『ボードブック はらぺこあおむし』(偕成社/作:エリック・カール、訳:もりひさし)
    『しましまぐるぐる』(学研プラス/かしわらあきお)
    『おむつのなか、みせてみせて!』(パイ インターナショナル/文・絵:ヒド・ファン・ヘネヒテン、訳:松永りえ)
    『おべんとうバス』(ひさかたチャイルド/真珠まりこ)
    令和 『パンどろぼう』(KADOKAWA/柴田ケイコ)
    『パンどろぼうvsにせパンどろぼう』(KADOKAWA/柴田ケイコ)
    『もりの100かいだてのいえ』(偕成社/いわいとしお)
    『あつかったらぬげばいい』(白泉社/ヨシタケシンスケ)
    『ころりん・ぱ!』(ほるぷ出版/ひらぎみつえ)
    『ノラネコぐんだん ケーキをたべる』(白泉社/工藤ノリコ)

     

    関連記事

    ・2021年に一番売れた本は『人は話し方が9割』!年間ベストセラーを発表

    ・年間ベストセラー番外編アーカイブ




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る