• fluct

  • 【週間文庫ランキング】お金の知識が学べる「節約」家族小説『三千円の使いかた』が第2位にランクアップ!(2021年12月21日 日販調べ)

    2021年12月22日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    『そして、バトンは渡された』が4週間ぶりに第1位に返り咲き

    そして、バトンは渡された
    著者:瀬尾まいこ
    発売日:2020年09月
    発行所:文藝春秋
    価格:814円(税込)
    ISBNコード:9784167915544

    前回第2位だった『そして、バトンは渡された』が、4週間ぶりに第1位となりました。本作は「2021年 年間ベストセラー」(12月1日発表 日販調べ)の文庫部門でも第1位となり、10月28日に公開された映画も大ヒットして引き続き売上を伸ばしています

    幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。
    その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない“父”と暮らす。
    血の繋がらない親の間をリレーされながらも、出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つとき――。

    (文藝春秋公式サイト『そして、バトンは渡された』より)

    映画は興行収入が15億円を突破し、永野芽郁さんは本作と「地獄の花園」での演技が評価され「第46回報知映画賞」の主演女優賞を受賞しました。

     

    第2位に『三千円の使いかた』がランクアップ

    三千円の使いかた
    著者:原田ひ香
    発売日:2021年08月
    発行所:中央公論新社
    価格:770円(税込)
    ISBNコード:9784122071001

    7週連続でTOP10入りしていた『三千円の使いかた』が第2位となりました。

    作中に登場する「人は三千円の使いかたで、人生が決まるよ」という言葉のとおり、御厨家の女性4人の「お金の使いかた」を通して、お金の知識を深めることができる「節約」家族小説です。

    8月に発売されてからじわじわと売上を伸ばしていましたが、12月12日(日)の読売新聞朝刊にて紹介された後にさらに売上が増加。これまでで最高となる第2位までランクを上げました。

     

    新刊はTOP10に3作ランクイン

    集計期間中に発売された新刊では、第6位に坂岡真さんの「鬼役伝」シリーズ第2弾『師匠』、第8位に堂場瞬一さんの新シリーズ『ボーダーズ』、第10位に神永学の人気シリーズ「心霊探偵八雲」の『青の呪い』がランクインしました。

    『ボーダーズ』は、今年、作家生活20周年を迎えた堂場さんの警視庁特殊捜査班SCUの活躍を描く新シリーズ。堂場さんは警察を舞台にした数々の人気シリーズで知られ、今年、作家生活20周年を迎えました。

    ボーダーズ
    著者:堂場瞬一
    発売日:2021年12月
    発行所:集英社
    価格:990円(税込)
    ISBNコード:9784087443288

    東京新橋で銀行立て籠り事件発生。男性客が刺殺された後、犯人を逮捕した。警視庁SCU(特殊事件対策班)八神は、キャップの結城から被害者藤岡を調べるよう指示される。藤岡は、40年前に機動隊員殺しで手配され、公安に追われた男だった。八神は現場の銀行へ……。犯人、被害者、公安、複雑に絡む事件の真相とは? 個々の特殊能力を発揮して極悪に挑む最強の刑事チーム始動!

    (集英社公式サイト『ボーダーズ』より)

     

    文庫売上ランキング トップ10

    ※日販 オープンネットワークWIN調べ。
    ※トップ10のみ前回との順位比較を記載。★印は集計期間中(2021年12月13日~12月19日)に発売された新刊です。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

    前回のランキングを見る

    オードリー若林のエッセイ『ナナメの夕暮れ』が初登場(2021年12月14日 日販調べ)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る