• fluct

  • 【週間文庫ランキング】永野芽郁が主人公を演じる映画原作『そして、バトンは渡された』が第1位に(2021年11月9日 日販調べ)

    2021年11月10日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    第1位は映画公開中の『そして、バトンは渡された』

    そして、バトンは渡された
    著者:瀬尾まいこ
    発売日:2020年09月
    発行所:文藝春秋
    価格:814円(税込)
    ISBNコード:9784167915544

    10月29日(金)に映画が公開された『そして、バトンは渡された』が前回第2位から順位を上げて第1位となりました。映画公開前から徐々に売上を伸ばし、現在の累計発行部数は110万部を突破しています。

    私には五人の父と母がいる。その全員を大好きだ。

    高校二年生の森宮優子。
    生まれた時は水戸優子だった。その後、田中優子となり、泉ヶ原優子を経て、現在は森宮を名乗っている。
    名付けた人物は近くにいないから、どういう思いでつけられた名前かはわからない。
    継父継母がころころ変わるが、血の繋がっていない人ばかり。
    「バトン」のようにして様々な両親の元を渡り歩いた優子だが、親との関係に悩むこともグレることもなく、どこでも幸せだった。

    (文藝春秋『そして、バトンは渡された』特設ページより)

    第2位は『元彼の遺言状』(前回第4位)、第3位は『沈黙のパレード』(前回第7位)と、それぞれ順位を上げました。

    元彼の遺言状
    著者:新川帆立
    発売日:2021年10月
    発行所:宝島社
    価格:750円(税込)
    ISBNコード:9784299021229
    沈黙のパレード
    著者:東野圭吾
    発売日:2021年09月
    発行所:文藝春秋
    価格:891円(税込)
    ISBNコード:9784167917456

     

    「レビュアー大賞」対象作『三千円の使いかた』が第9位にランクアップ

    三千円の使いかた
    著者:原田ひ香
    発売日:2021年08月
    発行所:中央公論新社
    価格:770円(税込)
    ISBNコード:9784122071001

    原田ひ香さんの「節約」家族小説、『三千円の使いかた』が前回第12位から第9位にランクアップしました。

    本作は日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本とコミックの情報誌「ダ・ヴィンチ」が共同で開催するレビューコンテスト「レビュアー大賞2021」の課題図書となっています。

    あらすじ
    就職して理想の一人暮らしをはじめた美帆(貯金三十万)。結婚前は証券会社勤務だった姉・真帆(貯金六百万)。習い事に熱心で向上心の高い母・智子(貯金百万弱)。そして一千万円を貯めた祖母・琴子。御厨家の女性たちは人生の節目とピンチを乗り越えるため、お金をどう貯めて、どう使うのか? 知識が深まり、絶対「元」もとれちゃう「節約」家族小説!

    (中央公論新社公式サイトより)

    関連記事
    ・図書カード最大1万円分があたる!「レビュアー大賞2021」エントリー開始

     

    文庫売上ランキング トップ10

    ※日販 オープンネットワークWIN調べ。
    ※トップ10のみ前回との順位比較を記載。★印は集計期間中(2021年11月1日~11月7日)に発売された新刊です。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

    前回のランキングを見る

    試験史上最も容易で最も残酷な「満場一致特別試験」開始!『ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編』第5巻が第1位に(2021年11月2日 日販調べ)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る