• fluct

  • 【週間文庫ランキング】フェイスブックのメッセージだけで進む異色のミステリー『ルビンの壺が割れた』がランクアップ(2021年10月5日 日販調べ)

    2021年10月06日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    第1位、第2位は前回から引き続き『沈黙のパレード』『護られなかった者たちへ』

    沈黙のパレード
    著者:東野圭吾
    発売日:2021年09月
    発行所:文藝春秋
    価格:891円(税込)
    ISBNコード:9784167917456

    5週連続で第1位となったのは、東野圭吾さんの「ガリレオ」シリーズ第9作『沈黙のパレード』。

    10月1日(金)に映画が公開された『護られなかった者たちへ』も、前回の順位をキープして第2位となりました。

    護られなかった者たちへ
    著者:中山七里
    発売日:2021年08月
    発行所:宝島社
    価格:858円(税込)
    ISBNコード:9784299006332

    映画は土日2日間で観客動員数が9万5,000人、興行収入が1億2,600万円となり、「全国映画動員ランキング」(興行通信社調べ)で第3位となりました。

     

    【注目作品】かつての恋人とのフェイスブックでのやり取りが驚きの展開に…『ルビンの壺が割れた』

    ルビンの壺が割れた
    著者:宿野かほる
    発売日:2020年02月
    発行所:新潮社
    価格:539円(税込)
    ISBNコード:9784101017617

    2020年2月に文庫版が発売された『ルビンの壺が割れた』がじわじわと売上を伸ばし、第26位にランクインしました。

    「ルビンの壺」とは、見方によって「壺」に見えたり、「向き合った二人の顔」に見えたりする多義図形のこと。メッセージのやりとりのみで進んでいく本作は、物語の景色が読み進むにつれ、さながら「ルビンの壺」のように変容していきます。

    文庫版の発売後の売上推移を見てみると、今年の6月から徐々に売上が伸びていることがわかります。

    帯が一新されたことや、書店での仕掛け販売などで売上を伸ばし、最近ではEXILEのメンバー内でお勧めし合っていることがSNSに投稿されるなど、再び注目が集まっている作品です。

    あらすじ
    「突然のメッセージで驚かれたことと思います。失礼をお許しください」――送信した相手は、かつての恋人。フェイスブックで偶然発見した女性は、大学の演劇部で出会い、二十八年前、結婚を約束した人だった。やがて二人の間でぎこちないやりとりがはじまるが、それは徐々に変容を見せ始め……。先の読めない展開、待ち受ける驚きのラスト。前代未聞の読書体験で話題を呼んだ、衝撃の問題作!

    (新潮社公式サイトより)

     

    文庫売上ランキング トップ10

    ※日販 オープンネットワークWIN調べ。
    ※トップ10のみ前回との順位比較を記載。★印は集計期間中(2021年9月27日~10月3日)に発売された新刊です。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

    前回のランキングを見る

    映画化作品が上位を独占!『沈黙のパレード』『護られなかった者たちへ』『マスカレード・ナイト』など(2021年9月28日 日販調べ)

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る