• fluct

  • 「次世代作家 文芸賞」大賞決定! プレゼンター神木隆之介「一緒に新しいエンターテイメントを作っていければ」

    2021年09月10日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    カルチュア・コンビニエンス・クラブ 蔦屋書店カンパニーと、小説執筆ツール「Nola」を提供するindentが、「第1回 次世代作家 文芸賞」大賞授賞式を9月9日(木)にTSUTAYA本社オフィスにて開催。

    計921作品の応募作から、大賞4作品が発表されました。

    「一般向けエンターテイメント小説部門」
    ・『君がこの世を去ったあとの世界』(著者:鹿ノ倉いるか)

    「ライトノベルス文芸部門」
    ・『転移に巻き込まれた歌舞伎町のネズミ』(著者:谷明)
    ・『新入りは騎士団長!』(著者:狭倉朏)

    「コミカライズ原作部門」
    ・『死に戻りのオールラウンダー、百回目の勇者パーティー追放で最強に至る。~魔王が闇堕ちすると人類滅亡!魔族語マスターしている俺が、彼女をデレさせ闇堕ちを防ぐ!~』(著者:石製インコ)

    大賞を受賞した4作品は、各部門の担当出版社の編集部とともに、来春以降の書籍化に向けて動き出します。

    また、書籍の刊行後は、全国のTSUTAYAの書籍・コミック売り場でコーナー展開をするとともに、全国の書店および電子書籍にて販売予定となっています。

     

    スペシャルプレゼンター 神木隆之介さんからのコメント

    本が好きで、読者としてジャンル問わず色々な作品を幅広く楽しませてもらっています。
    「ひとつの作品で人生が変わる」、「この作品のこの場面で人生観が変わる」ということが実際に僕も経験があります。そういった人の人生に影響を与える作品を紡ぐことができる先生方を心から尊敬しますし、このような“作品誕生の場”にいることができて本当に幸せです。
    今回受賞された方々と一緒に、新しいエンターテイメントを作っていければと思っています。

     

    一般向けエンターテイメント小説部門 大賞受賞作『君がこの世を去ったあとの世界』鹿ノ倉いるか(かのくら・いるか)さんのコメント

    最初応募要項を見た際に、約800店舗のTSUTAYAで展開してもらえるなんて有難い賞だなと思いました。他の文芸賞と違う記入項目が多かったのですが、その中のひとつである「想定するターゲット層」に「『君の名は』のような不思議な要素が入った青春恋愛ものを好む層」と書きました。そして、まさか大賞をいただき、“瀧くん”が会場にいらっしゃるなんて、とても運命的なものを感じました。

     

    ライトノベルス文芸部門 大賞受賞作『転移に巻き込まれた歌舞伎町のネズミ』谷明(たに・あきら)さんのコメント

    第1回の開催で大賞という、名誉ある賞をいただき光栄です。いままで小説を書き続けて、幾度も挫折を経験してきましたが、今回大賞を受賞させていただき本当に嬉しいです。本作品は、エンタテインメントをただただ追求した物語です。ぜひ楽しんでいただければと思います。
    関係者の皆様、この度はこのような賞をいただき、ありがとうございました。

     

    ライトノベルス文芸部門 大賞受賞作『新入りは騎士団長!』狭倉朏(はざくら・みかづき)さんのコメント

    小説はひとりでも書けるものですが、いまではネットで発表して色々な人の意見をもらうことができます。この作品も、ネットで発表して、様々な方から意見をもらい、完成しました。
    この作品は、最初同じテーマで友人と第1話を書いて見せ合う、ということからはじまりました。
    このような賞をいただけたことを嬉しく思います。

     

    コミカライズ原作部門 大賞受賞作『死に戻りのオールラウンダー、百回目の勇者パーティー追放で最強に至る。~魔王が闇堕ちすると人類滅亡!魔族語マスターしている俺が、彼女をデレさせ闇堕ちを防ぐ!~』石製インコ(せきせい・いんこ)さんのコメント

    このような素晴らしい賞をいただき、ありがとうございます。第1回目の受賞者という本当に貴重な経験をさせていただきました。
    この物語は、絶望の中にいる主人公だが諦めずに戦っていく物語です。今我々も厳しい世界の中で生きており、読んでいただいた方に元気を与えられればと思い書きました。

     

    「次世代作家 文芸賞」とは

    TSUTAYAと「Nola」が共催する、「これからの書籍・漫画業界を担う次世代作家を支援する」ことを目的とした、“作家のみなさまの執筆環境~全国販売までを総合的に支援する”これまでにない公募の文芸賞。

    創作段階においては「Nola」を使用することで、「起承転結」などのプロット形成、章ごとの原稿整理、登場人物や世界観の設定まで、軸のぶれない・深みのある物語の創出を執筆できる環境を提供するのが特徴です。

    2022年度には『第2回 次世代作家 文芸賞』を開催することが決定。応募の詳細は決定次第、公式ページで案内予定となっています。

    公式ページ:https://contest.nola-novel.com




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る