• fluct

  • 【週間文庫ランキング】“20年後の自分”から届いた手紙をめぐるミステリー『未来』が再び首位に!(2021年8月24日 日販調べ)

    2021年08月25日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    湊かなえワールド全開『未来』が再び第1位に

    未来
    著者:湊かなえ
    発売日:2021年08月
    発行所:双葉社
    価格:858円(税込)
    ISBNコード:9784575524871

    家にも学校にも居場所のない10歳の章子に、20年後の自分から手紙が届くミステリー長編『未来』が、2週間ぶりに第1位となりました。

    登場人物たちの哀しく壮絶な人生が絡み合い、救いのない状況に陥っていくという、まさに“湊かなえワールド”をたっぷりと味わえるストーリー展開となっています。

    一方で、タイトルが示すように、最後には懸命に生きる彼らに一筋の光が差し込む、『未来』への可能性を感じさせる作品です。

    関連記事
    物語を“外側”から見ることによって広がる『未来』の世界――湊かなえ『未来』インタビュー【前編】

     

    壮大な中華ファンタジー『後宮の烏』が第6位に

    後宮の烏 6
    著者:白川紺子
    発売日:2021年08月
    発行所:集英社
    価格:660円(税込)
    ISBNコード:9784086804004

    シリーズ累計発行部数が90万部を突破した中華ファンタジー『後宮の烏』最新6巻が、第6位に初登場。発売にあわせて、公式PVが公開されています。

    『後宮の烏』あらすじ
    後宮の奥深く、妃でありながら夜伽をしない特別な妃・烏妃。その姿を見た者は、老婆であると言う者もいれば、少女だったと言う者もいた。彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物さがしまで、何でも引き受けてくれるという――。時の皇帝・高峻は、ある依頼のため烏妃の元を訪れる。この巡り合わせが、歴史を覆す禁忌になると知らずに。

    (集英社公式サイトより)

     

    1995年発売『残像に口紅を』が第14位に急浮上

    残像に口紅を
    著者:筒井康隆
    発売日:1995年04月
    発行所:中央公論新社
    価格:817円(税込)
    ISBNコード:9784122022874

    筒井康隆さんの“実験的小説”『残像に口紅を』が第14位となりました。1989年に単行本、1995年に文庫版として発売された作品です。

    内容は、「世界から言葉が少しずつ消えたら?」というもので、「あ」が消えると、「愛」も「あなた」もなくなってしまいます。読み進めていくと、使える文字が1文字ずつ減っていく……という、まさに“実験的小説”となっています。

    TikTokクリエイターのけんごさんが紹介すると話題となり、現時点でのいいね数は58.6万となっています。全国の書店でも品切れが相次ぐ中、出版社も35,000部を緊急重版。これにより、売上も急増しました。

     

    文庫売上ランキング トップ10

    ※日販 オープンネットワークWIN調べ。
    ※トップ10のみ前回との順位比較を記載。★印は集計期間中(2021年8月16日~8月22日)に発売された新刊です。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

    前回のランキングを見る

    書店員から熱い支持を得た『店長がバカすぎて』がランクイン!(2021年8月17日 日販調べ)

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る