• fluct

  • 【検索数ランキング】30年以上前の実験的小説『残像に口紅を』が突如話題に!その理由は?(2021年7月28日~8月3日)

    2021年08月06日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

     本屋で今検索されている本ランキング
    全国の書店に設置された端末で「いま何が検索されているのか?」を調べ、ランキング形式でご紹介しています(日販 attaplus!調べ)。

    売上冊数ではなく「検索数」を集計していることから、従来のランキングとは違った角度で“今話題の本”がわかります。

     

    30年以上前に発売の『残像に口紅を』が第1位に

    残像に口紅を
    著者:筒井康隆
    発売日:1995年04月
    発行所:中央公論新社
    価格:817円(税込)
    ISBNコード:9784122022874

    筒井康隆さんの“実験的小説”『残像に口紅を』が第1位となりました。1989年に単行本、1995年に文庫版として発売された作品です。

    TikTokクリエイターのけんごさんが紹介すると、50万いいねを超える反響があり、突如話題となりました。

    内容は、「世界から文字が少しずつ消えたら?」というもので、「あ」が消えると、「愛」も「あなた」もなくなってしまいます。読み進めていくと、使える文字が1文字ずつ減っていく……という、まさに“実験的小説”となっています。

    『残像に口紅を』は、2017年に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「本屋で読書芸人」でカズレーザーさんが紹介した時も話題となり、発売から何年たっても新しい読者を獲得している作品となっています。

     

    不動産ミステリー『変な家』が第2位に

    変な家
    著者:雨穴
    発売日:2021年07月
    発行所:飛鳥新社
    価格:1,400円(税込)
    ISBNコード:9784864108454

    2020年にWeb上で公開された「【不動産ミステリー】変な家」を書籍化した作品です。Webメディア「オモコロ」で公開されたテキストは166万PVを記録、YouTubeでは再生回数700万回を突破しています。

    謎の空間、二重扉、窓のない子供部屋──間取りの謎をたどった先に見た、「事実」とは!?

    知人が購入を検討している都内の中古一軒家。開放的で明るい内装の、ごくありふれた物件に思えたが、間取り図に「謎の空間」が存在していた。知り合いの設計士にその間取り図を見せると、この家は、そこかしこに「奇妙な違和感」が存在すると言う。

    間取りの謎をたどった先に見たものとは……。

    (飛鳥新社公式サイトより)

     

    第3位にランクインしたのは、YouTubeチャンネル登録者数が60万人を超えるプロ絵師夫婦「なつめさんち」の日常を描いた『それでも、やっぱり絵が描きたい!』。

    夫婦の出会い・結婚、そしてYouTuberになるまでなど、「なつめさんち」の半生を綴ったオール描き下ろしのコミックエッセイです。

    上位3作品すべてがWebで話題となった作品となりました。

    それでも、やっぱり絵が描きたい!
    著者:なつめさんち
    発売日:2021年07月
    発行所:マイナビ出版
    価格:1,759円(税込)
    ISBNコード:9784839975449

     

    本屋で今検索されている本ランキング(2021年7月28日~8月3日)

     

    前回のランキングをみる

    【検索数ランキング】夏休みに読みたい名作が急上昇(2021年7月21日~7月27日)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る