• fluct

  • 【週間文庫ランキング】10月公開映画原作『護られなかった者たちへ』が第1位に(2021年8月3日 日販調べ)

    2021年08月04日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    佐藤健×阿部寛の映画原作『護られなかった者たちへ』が第1位

    護られなかった者たちへ
    著者:中山七里
    発売日:2021年08月
    発行所:宝島社
    価格:858円(税込)
    ISBNコード:9784299006332

    前回第4位に初登場した『護られなかった者たちへ』が順位を上げて第1位となりました。「社会福祉」や「生活保護」をテーマに、東日本大震災から10年後の仙台を舞台にした社会派ミステリーです。

    あらすじ
    誰もが口を揃えて「人格者」だと言う、仙台市の福祉保険事務所課長・三雲忠勝が、身体を拘束された餓死死体で発見された。怨恨が理由とは考えにくく、物盗りによる犯行の可能性も低く、捜査は暗礁に乗り上げる。しかし事件の数日前に、一人の模範囚が出所しており、男は過去に起きたある出来事の関係者を追っているらしい。そして第二の被害者が発見され――。社会福祉と人々の正義が交差したときに、あなたの脳裏に浮かぶ人物は誰か。

    (宝島社公式サイトより)

    映画では、10年の刑期を終え出所した利根勝久を佐藤健さんが、彼を追う刑事・笘篠誠一郎を阿部寛さんが演じるほか、 清原果耶さん、林遣都さん、永山瑛太さん、緒形直人さん、吉岡秀隆さん、倍賞美津子さんといった豪華なキャストとなっています。

     

    映画原作『そして、バトンは渡された』が第7位に急上昇

    そして、バトンは渡された
    著者:瀬尾まいこ
    発売日:2020年09月
    発行所:文藝春秋
    価格:814円(税込)
    ISBNコード:9784167915544

    「2019年本屋大賞」で大賞を受賞し、10月29日(金)に映画が公開される『そして、バトンは渡された』が第7位にランクインしました。

    あらすじ
    幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。
    その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない“父”と暮らす。
    血の繋がらない親の間をリレーされながらも、出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つとき――。

    (文藝春秋公式サイトより)

    映画には、永野芽郁さん、田中圭さん、石原さとみさんらが出演します。

    新刊では、角川スニーカー文庫の『時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん』第2巻が第6位にランクイン。あわせて、第1巻も第23位に急上昇しました。

    時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん 2
    著者:燦々SUN
    発売日:2021年08月
    発行所:KADOKAWA
    価格:726円(税込)
    ISBNコード:9784041111192
    時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん
    著者:燦々SUN
    発売日:2021年03月
    発行所:KADOKAWA
    価格:704円(税込)
    ISBNコード:9784041111185

     

    文庫売上ランキング トップ10

    ※日販 オープンネットワークWIN調べ。
    ※トップ10のみ前回との順位比較を記載。★印は集計期間中(2021年7月26日~8月1日)に発売された新刊です。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

    前回のランキングを見る

    【週間文庫ランキング】佐藤健×阿部寛の映画原作『護られなかった者たちへ』が第4位に(2021年7月27日 日販調べ)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る