• fluct

  • 『カラオケ行こ!』が検索数トップ 一方、本屋大賞受賞作はランク外 その理由は?:本屋で今検索されている本ランキング(2021年4月14日~4月20日)

    2021年04月23日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    今回の第1位は、和山やまさんの『カラオケ行こ!』。4月15日(木)放送の「アメトーーク! マンガ大好き芸人」(テレビ朝日系)で、ジャングルポケットの太田博久さんがイチオシとして紹介した一冊です。

    『カラオケ行こ!』は、合唱部部長の男子中学生・聡実と、わけあって絶対に歌がうまくなりたいヤクザ・狂児の不思議な友情を描いた全1巻の作品。漫画関係者からもかねてより熱い視線を集めていた作品で、今年1月発表の「出版社コミック担当が選んだおすすめコミック」(「全国書店員が選んだおすすめコミック2021」スピンオフ企画)では、和山さんの連載デビュー作『女の園の星』に次いで第2位にランクインしました。

    番組の影響は大きく、放送前後で売上も20倍以上に急増。同じく番組内で紹介された『東京卍リベンジャーズ』も第9位に最新22巻がランクインしています。

    カラオケ行こ!
    著者:和山やま
    発売日:2020年09月
    発行所:KADOKAWA
    価格:770円(税込)
    ISBNコード:9784047361515

    そして、相変わらずの勢いを見せているのが『ウマ娘 シンデレラグレイ』。今回も第1巻・第2巻ともにトップ10入りしています。

    初登場タイトルは『ほむら先生はたぶんモテない』完結5巻(第4位)、『名探偵コナン』最新99巻(第6位)、『進撃の巨人』第34巻特装版〈Beginning〉(第8位)。『進撃の巨人』完結巻となる第34巻は、通常版に加え2種類の特装版が発売されることになっており、〈Beginning〉は書店・ネット書店のみで販売、もう一方の特装版〈Ending〉はコンビニエンスストア店頭のみで販売される予定です。

    くわしくはこちら
    諫山創『進撃の巨人』最終34巻、特装版2種の発売が決定 「幻の第1話・第2話」「第138話・最終139話」のネーム収録

    今回のランキングで「2021年本屋大賞」大賞受賞作『52ヘルツのクジラたち』は、トップ10以内にランクインしませんでした。しかし受賞の反響は大きく、検索数自体は増えており、売上を集計した週間ベストセラー(4月20日付/日販調べ)では総合第1位を獲得しています。

    検索ランキングは「書店店頭にある検索機を使って、その作品を検索した回数」を集計したものです。全国の多くの書店で、受賞発表時から「本屋大賞受賞作」が誰もの目に留まる一等地に並べられていたことが、今回のような結果を生んだのかもしれません。

    52ヘルツのクジラたち
    著者:町田そのこ
    発売日:2020年04月
    発行所:中央公論新社
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784120052989

     

    前回のランキングを見る

    ゴレンジャーからゼンカイジャーまで 歴代のスーパー戦隊を完全網羅した異例の「学習図鑑」がトップ10入り:本屋で今検索されている本ランキング(2021年4月7日~4月13日)

     

    「本屋で今検索されている本ランキング」とは?

    書店店頭でも見かけることが多くなった、在庫や商品棚を調べるのに便利な“検索機”。

    「本屋で今検索されている本ランキング」では、全国の書店に設置された端末で「いま何が検索されているのか?」を調べ、ランキング形式でご紹介しています(今回の集計期間:2021年4月14日~20日/日販 attaplus!調べ)。

    売上冊数ではなく「検索数」を集計していることから、従来のランキングとは違った角度で“今話題の本”がわかるのが特徴です。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る