• fluct

  • 『呪術廻戦』『花束みたいな恋をした』が上位キープ、初登場は『林原めぐみのぜんぶキャラから教わった』『BTSとARMY』:本屋で今検索されている本ランキング(2021年2月17日~2月23日)

    2021年02月26日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    『呪術廻戦』第15巻が首位をキープ。第0巻が第2位となり、第3位・第4位に映画「花束みたいな恋をした」ノベライズ、シナリオブックが続けてランクインしました。

    映画「花束みたいな恋をした」は、全国週末興行成績ランキング(興行通信社提供)で4週連続首位を獲得し、興行収入20億円超えが目前に迫っています。大ヒットを祝して劇場では、2月26日(金)から1週間限定で、ダブル主演をつとめた菅田将暉さん・有村架純さんからの感謝のメッセージ映像が上映されています。

    ランキング初登場は、第7位『林原めぐみのぜんぶキャラから教わった 生き抜く力』、第9位『BTSとARMY わたしたちは連帯する』の2作。ランキング表のあと、それぞれの内容を紹介します。

     

    『林原めぐみのぜんぶキャラから教わった』(第7位)

    林原めぐみのぜんぶキャラから教わった
    著者:林原めぐみ
    発売日:2021年02月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,980円(税込)
    ISBNコード:9784041092521

    1986年のデビュー以来、幅広い作品で数多くのキャラクターの声を担当してきた声優・林原めぐみさん。4月には約20年ぶりの復活となるTVアニメ「SHAMAN KING」が放送予定、最新作「劇場版名探偵コナン 緋色の弾丸」が公開、そして「シン・エヴァンゲリオン劇場版」も公開待機中と、まだまだ話題作が控えています。

    本書は、林原さんが30年以上にわたるキャリアのなかでどのようにキャラクターたちに向き合い、キャラクターたちから何を受け取ってきたのかを、作品や演技、アフレコ現場にまつわるエピソードとともに自ら書き下ろした一冊。林原さんいわく、「おすすめはトイレ読み(笑)」だそうです。人気漫画家・クリエイターの面々から寄せられたイラストやコメントも必見。

    収録内容
    〈80年代に教わった〉
    青い服の女性、忍部ヒミコ、アルフレッド・ヨードカス・クワック、春日エリ、早乙女らんま、クリスチーナ・マッケンジー
    〈90年代に教わった〉
    バカボン、ミンキーモモ、パイ/三只眼、夏目温子(ヌクヌク)、天野あい、幻海(若年期)、ナナミ・シンプソン、藤宮紅葉、綾波レイ、リナ=インバース、里穂子、ティラ・ミス、ライム、ムサシ、フェイ・ヴァレンタイン、キャナル・ヴォルフィード、灰原哀
    〈00年代に教わった〉
    恐山アンナ、稗田倉子、天使恵、パプリカ/千葉敦子
    〈10年代に教わった〉
    ルーン=バロット、若狭、桜沢翠、ロンパース、レベッカ、白面の者、みよ吉、六道乙女、才賀しろがね(ほか)、フローラ

    特別寄稿(※敬称略・掲載順)
    神志那弘志/高橋留美子/岸義之/高田裕三/桂正和/貞本義行/神坂一/あらいずみるい/北川みゆき/冨安大貴/安田周平/一石小百合/湯山邦彦/青山剛昌/武井宏之/西森博之/安野モヨコ/尾田栄一郎/雲田はるこ/藤田和日郎

     

    『BTSとARMY わたしたちは連帯する』(第9位)

    BTSとARMYわたしたちは連帯する
    著者:イ・ジヘン 桑畑優香
    発売日:2021年02月
    発行所:イースト・プレス
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784781619552

    快進撃を続けるBTS(防弾少年団)と、そのファンであり“最強のプロモーター”である「ARMY」たちの歩みを、自身も熱狂的なARMYである著者が社会学の視点から分析した翻訳書。

    日本語版には、ラジオDJで韓国大衆文化ジャーナリストでもある古家正亨さんの特別インタビュー「彼らは世界を一つにする象徴だから」も収録されています。

    〈著者〉イ・ジヘン
    梨花女子大学で理学士、米国カリフォルニア芸術大学で芸術学修士(映画演出)、中央大学先端映像大学院で映画学博士(映画理論)の学位を取得。檀国大学や延世大学などの講師を経て、現在は中央大学で映画についての講義を担当。映像物等級委員会の委員も務める。博士学位論文のテーマは「破局と映画:21世紀の映画における破局の感情構造」(2015)。ポストヒューマン、映像文化と現代性の関係、ニューメディア時代の大衆文化研究に関心を持っている。
    研究論文:「韓国ファンタジードラマの現在:超人とタイムスリップモチーフの明暗」(2017)、「連鎖する災難の世界を渡る:黙示録的ポストモダン再現の様相」(2017)、「後期資本主義時代におけるハリウッド陰謀論映画の政治性」(2014)ほか多数。

    〈訳者〉桑畑優香
    早稲田大学第一文学部卒業。延世大学語学堂・ソウル大学政治学科で学ぶ。
    「ニュースステーション」ディレクターを経てフリーに。ドラマ・映画のレビューやK-POPアーティストへのインタビューを中心に「韓国語学習ジャーナルhana」「韓流旋風」「現代ビジネス」「デイリー新潮」「AERA」「Yahoo!ニュース 個人」などに寄稿・翻訳。訳書に『韓国映画俳優辞典』(ダイヤモンド社・共訳)、『花ばぁば』(ころから)、『今、何かを表そうとしている10人の日本と韓国の若手対談』『韓国映画100選』(クオン)、『BTSを読む なぜ世界を夢中にさせるのか』(柏書房)などがある。

     

    前回のランキングを見る

    『ちいかわ』が通常版・特装版揃ってトップ10入り 愛らしいビジュアルとシビアな展開が読者を引き込む話題作:本屋で今検索されている本ランキング(2021年2月10日~2月16日)

     

    「本屋で今検索されている本ランキング」とは?

    書店店頭でも見かけることが多くなった、在庫や商品棚を調べるのに便利な“検索機”。

    「本屋で今検索されている本ランキング」では、全国の書店に設置された端末で「いま何が検索されているのか?」を調べ、ランキング形式でご紹介しています(今回の集計期間:2021年2月17日~23日/日販 attaplus!調べ)。

    売上冊数ではなく「検索数」を集計していることから、従来のランキングとは違った角度で“今話題の本”がわかるのが特徴です。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る