• fluct

  • 漫画本棚

    『鬼滅の刃』は完結23巻&外伝、『呪術廻戦』は第1巻&第0巻が上位に:本屋で今検索されている本ランキング(2020年12月9日~12月15日)

    2020年12月18日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    書店店頭の在庫状況などによって巻数ごとの変動はあるものの、ランキング全体として、『鬼滅の刃』『呪術廻戦』の2作が席巻している状況は変わらず。そんななかで『怪獣8号』がやや検索数を伸ばし、今回は第8位にランクインしました(前回第10位)。

    通常「本屋で今検索されている本ランキング」ではトップ10を紹介していますが、ランキングを第20位まで見てみると、いかに『鬼滅の刃』『呪術廻戦』が上位を占めているかがわかりやすいでしょう。

    『鬼滅の刃』は全23巻、『呪術廻戦』は既刊13巻。最新巻と第1巻があわせて上位にランクインしていることからも、読者層をまだまだ広げていることが見てとれます。

     

    前回のランキングを見る

    『怪獣8号』トップ10入り!史上最速で3,000万閲覧を突破した「ジャンプ+」注目新作:本屋で今検索されている本ランキング(2020年12月2日~12月8日)

     

    「本屋で今検索されている本ランキング」とは?

    書店店頭でも見かけることが多くなった、在庫や商品棚を調べるのに便利な“検索機”。

    「本屋で今検索されている本ランキング」では、全国の書店に設置された端末で「いま何が検索されているのか?」を調べ、ランキング形式でご紹介しています(今回の集計期間:2020年12月9日~12月15日/日販 attaplus!調べ)。

    売上冊数ではなく「検索数」を集計していることから、従来のランキングとは違った角度で“今話題の本”がわかるのが特徴です。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る