• fluct

  • 『鬼滅の刃』最終巻が発売当日から驚異的な売上を記録 週間コミックランキング(2020年11月30日~12月6日)

    2020年12月09日
    もっと見る
    日販 ほんのひきだし編集部 吉田
    Pocket

    今回の週間コミックランキングは、『鬼滅の刃』最終巻が驚異的な売上を記録し第1位となりました。

    TVアニメはもちろん、12月9日(水)時点で日本興行収入ランキング歴代第2位となった劇場版など、着々と読者を増やしていった本作。

    発売当日にあたる12月4日(金)には、物語の締めくくりをいち早く読むため、書店の開店前から最終巻を買い求める人が列をなしていました。

    その結果、最終巻の発売当日売上は前巻の約3.2倍とこれまでの既刊を大幅に上回る売上を記録。TVアニメが放送中だった第17巻と比較すると、なんと13.5倍も売れています。

    冨岡義勇や煉獄杏寿郎など“柱”の物語が描かれたスピンオフ『鬼滅の刃 外伝』(第2位)や、4体のフィギュアが入った第23巻の同梱版(第3位)も好調です。

    週が明けるのを待たずして、在庫僅少の書店が出てきている状況ですが、年内にも全巻の重版が予定されています。

    鬼滅の刃 23
    著者:吾峠呼世晴
    発売日:2020年12月
    発行所:集英社
    価格:506円(税込)
    ISBNコード:9784088824956

    鬼滅の刃外伝
    著者:平野稜二 吾峠呼世晴
    発売日:2020年12月
    発行所:集英社
    価格:506円(税込)
    ISBNコード:9784088825212

     

    『呪術廻戦』『怪獣8号』……『鬼滅の刃』以外も好調

    『鬼滅の刃』の話題一色になった週ではありますが、ランキング全体を見ると次の『鬼滅の刃』と呼べる作品が並んでいることがわかります。

    現在放送中のTVアニメが好評な『呪術廻戦』は、重版の影響もあり上位30位内に既刊すべてと本編の前日譚にあたる“第0巻”が入りました。

    単行本が10巻以上発売されている連載作品の既刊すべてがランキング入りするのは『鬼滅の刃』以来です。年明けの1月4日(月)には、第14巻の発売が予定されています。

    呪術廻戦 14
    著者:芥見下々
    発売日:2021年01月
    発行所:集英社
    価格:484円(税込)
    ISBNコード:9784088825342

    第23位に入った『怪獣8号』もまた、今後が注目される新作です。マンガアプリ「少年ジャンプ+」では、「完璧な第1話」と称される第1話の公開から史上最速で3,000万閲覧を突破しました。

    人々の日常を壊す“怪獣”がひっきりなしに来る「怪獣大国 日本」を舞台に、怪獣に変身する能力を得た主人公・カフカと怪獣に立ち向かう「防衛隊」の活躍が描かれています。

    カフカと仲間たちの努力・友情といった王道物語、災害の多い日本を下敷きにした社会派物語としても読むことができる読みごたえ抜群の作品です。

    怪獣8号 1
    著者:松本直也(漫画家)
    発売日:2020年12月
    発行所:集英社
    価格:528円(税込)
    ISBNコード:9784088825250

     

    コミック売上ランキング(2020年11月30日~12月6日)第1位~第10位

    ※日販 オープンネットワークWIN調べ。
    ※(NEW)は集計期間中(11月30日~12月6日)に発売された新刊です。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

    前回のランキングを見る

    『薬屋のひとりごと』が第1位!アニメ第2期を控える『転スラ』も好調 週間コミックランキング(2020年11月23日~29日)

     

    おすすめ関連記事

    2021年1月発売のコミック新刊ラインアップ
    2020年12月発売のコミック新刊ラインアップ




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る