• fluct

  • 『セイレーンの懺悔』初登場トップ30入り 報道のタブーに切り込む衝撃作、新木優子主演でドラマ化:週間ベストセラー 文庫ランキング(2020年8月11日 日販調べ)

    2020年08月12日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    今回は、8月3日(月)~9日(日)発売の新刊が多数ランクイン。実に約半数を占めました。

    そんななか、前回首位の「隠蔽捜査」シリーズ7巻目『棲月』が変わらぬ勢いを見せ、今回も第1位に。『ビブリア古書堂の事件手帖Ⅱ ~扉子と空白の時~』『ホワイトラビット』『青くて痛くて脆い』も、数週間にわたって上位を維持しています。

    新刊では『りゅうおうのおしごと!』第13巻が好調なスタート。将棋の世界を描いたライトノベルで、これまでにTVアニメ化されたほか、ゲーム化なども予定されています。

    りゅうおうのおしごと! 13
    著者:白鳥士郎
    発売日:2020年08月
    発行所:SBクリエイティブ
    価格:748円(税込)
    ISBNコード:9784815606442

    また、連続ドラマ化が決定した『セイレーンの懺悔』文庫版が第24位にランクイン。『さよならドビュッシー』などで知られ“どんでん返しの帝王”の異名をとる中山七里さんの作品で、「報道」のタブーに切り込んだ衝撃作として、単行本刊行当時も話題を呼びました。

    文庫版には、ジャーナリストの池上彰さんが解説を寄せています。

    セイレーンの懺悔
    著者:中山七里
    発売日:2020年08月
    発行所:小学館
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784094067958

    マスコミは人の不幸を娯楽にする怪物なのか
    葛飾区で女子高生誘拐事件が発生し、不祥事により番組存続の危機にさらされた帝都テレビ「アフタヌーンJAPAN」の里谷太一と朝倉多香美は、起死回生のスクープを狙って奔走する。
    しかし、多香美が廃工場で目撃したのは、暴行を受け、無惨にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった。綾香が”いじめられていた”という証言から浮かび上がる、少年少女のグループ。主犯格と思われる少女は、6年前の小学生連続レイプ事件の犠牲者だった……。
    マスコミは、被害者の哀しみを娯楽にし、不幸を拡大再生産する怪物なのか。
    多香美が辿り着く、警察が公表できない、法律が裁けない真実とは――

    (小学館公式サイトより)

     

    文庫売上ランキング トップ10

    ※日販 オープンネットワークWIN調べ。
    ※トップ10のみ前回との順位比較を記載。★印は集計期間中(8月3日~8月9日)に発売された新刊です。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

    前回のランキングを見る

    隠蔽捜査シリーズ第7弾『棲月』が首位 『半沢直樹』ドラマスタートで売行好調:週間ベストセラー 文庫ランキング(2020年8月4日 日販調べ)

     

    文庫新刊ラインアップ

    2020年8月発売の文庫新刊ラインアップ

    その他の期間の発売日はこちら(2020年9月発売予定まで公開中)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る