• fluct

  • 4年前に発売された『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』が初登場第5位に:本屋で今検索されている本ランキング(2020年6月17日~6月23日)

    2020年06月26日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    今回は、7月3日(金)発売予定の『鬼滅の刃』第21巻通常版・特装版が、第1位・第2位にランクインしました。同じく7月3日(金)発売の小説版第3弾『鬼滅の刃 風の道しるべ』も、初登場第9位となっています。

    『鬼滅の刃』は6月24日(水)、第21巻の初版発行部数が約300万部であり(特装版含む)、この発売をもってシリーズ累計発行部数が8,000万部を突破することが明らかになりました。検索ランキング・売上ランキングとも長らく上位の常連となっていますが、この勢いはまだまだ続きそうです。

    鬼滅の刃 21
    著者:吾峠呼世晴
    発売日:2020年07月
    発行所:集英社
    価格:484円(税込)
    ISBNコード:9784088823492

    一方、4週連続でトップ2をキープしていた『あつまれ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド』『あつまれ どうぶつの森 完全攻略本+超カタログ』は、今回は第3位・第4位に。ランクダウンはしましたが、検索数は高水準を維持しています。

    ランキングトップ10は下記のとおり。表のあと、前述の『鬼滅の刃 風の道しるべ』のほか、2016年の発売ながらランキング初登場となった『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』(第5位)、人気YouTuberの初エッセイ『ひとりの時間が僕を救う』(第8位)を紹介します。

     

    第5位『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』

    あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。
    著者:汐見夏衛
    発売日:2016年07月
    発行所:スターツ出版
    価格:616円(税込)
    ISBNコード:9784813701309

    『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』などで知られる作家・汐見夏衛さんのデビュー作。2016年7月発売の作品ですが、TikTokに投稿された動画をきっかけに注目度が急上昇しています。

    あらすじ
    親や学校、すべてにイライラした毎日を送る中2の百合。母親とケンカをして家を飛び出し、目をさますとそこは70年前、戦時中の日本だった。偶然通りかかった彰に助けられ、彼と過ごす日々の中、百合は彰の誠実さと優しさに惹かれていく。しかし、彼は特攻隊員で、ほどなく命を懸けて戦地に飛び立つ運命だった――。のちに百合は、期せずして彰の本当の想いを知る……。

     

    第8位『ひとりの時間が僕を救う』

    ひとりの時間が僕を救う
    著者:パーカー
    発売日:2020年06月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,155円(税込)
    ISBNコード:9784040646718

    YouTubeチャンネル「パーカー / 大学生の日常」で活動する、大学生“ぼっち系”YouTuber・パーカーさんの初エッセイ。6月17日(水)に発売されました。

    パーカーさんの動画の魅力は、飾らないありのままの大学生の日常が、知的でユニークなワードチョイスと、絶妙にスピード感のあるトークで紹介されているところ。一人暮らしの部屋は生活感にあふれており、食べているものもいたって普通。朝起きてパンを食べて大学へ行き、帰ってきてごはんを食べ、たまに旅行へ行く……。そんな姿を、つい親と友達の中間のような視線で見てしまいます。

    2019年6月の開設から、チャンネル登録者数はわずか1年足らずで40万人超に。『ひとりの時間が僕を救う』では、そんな彼のこれまでの人生と日常、哲学が、自身の言葉で綴られています。

    内容紹介
    人見知りでコミュ障な性格から、大学入学とともに「ぼっち」に君臨。大学では、誰ともしゃべらず、いつも単独行動。
    「ひとり」になった自分に、とことん向き合う日々。些細な日常の楽しみ方、気楽でミニマムな人間関係、一緒にいてラクな人・疲れる人…
    「ひとりの時間」は、本当に大事なことや、大切な人を教えてくれる。

    大学編入試験に落ちたこと、女性との報われない恋…隠したい過去やコンプレックスまですべてを書きました。
    クスっと笑えて甘酸っぱい、珠玉のエッセイ36編。

    (KADOKAWA公式サイトより)

     

    第9位『鬼滅の刃 風の道しるべ』

    鬼滅の刃 風の道しるべ
    著者:吾峠呼世晴 矢島綾
    発売日:2020年07月
    発行所:集英社
    価格:770円(税込)
    ISBNコード:9784087034981

    本編では描かれていないエピソードが読める、『鬼滅の刃』小説版の第3弾。

    第1弾『しあわせの花』、第2弾『片羽の蝶』と同じく短編集ですが、今作では風柱・不死川実弥(しなずがわ さねみ)の誕生秘話が明らかになるという点でも注目を集めています。

    あらすじ
    日輪刀の存在も鬼殺隊の存在も知らず、ただ鬼を殺すことだけに己のすべてを賭す、少年時代の実弥は、鬼殺隊隊士・粂野匡近と出会ったことにより鬼殺隊へ導かれる。明るく屈託のない匡近に次第に心を開いていった実弥は、匡近と切磋琢磨しながら「柱」を目指すことに。あるとき、某屋敷のそばで次々と人が消え始める事件が発生。その調査に向かった二人だったが、そこに現れたのは強敵・下弦の壱の鬼だった!

    (JUMP j BOOKS公式サイトより)

     

    前回のランキングを見る

    本屋で今検索されている本ランキング:東村アキコ『稲荷神社のキツネさん』、カツセマサヒコのデビュー小説『明け方の若者たち』が初登場(2020年6月10日~6月16日)

     

    「本屋で今検索されている本ランキング」とは?

    書店店頭でも見かけることが多くなった、在庫や商品棚を調べるのに便利な“検索機”。

    「本屋で今検索されている本ランキング」では、全国の書店に設置された端末で「いま何が検索されているのか?」を調べ、ランキング形式でご紹介しています(今回の集計期間:2020年6月17日~23日/日販 attaplus!調べ)。

    売上冊数ではなく「検索数」を集計していることから、従来のランキングとは違った角度で“今話題の本”がわかるのが特徴です。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る