• fluct

  • 海賊版に宣戦布告!日本の漫画を“正しく”届ける海外向けサブスク「Mangamo」サービス開始

    2020年04月16日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    米国時間4月15日、海外向けの漫画サブスクリプションサービス「Mangamo(マンガモ)」の提供が開始されました。

    「Mangamo」は日本の漫画を、北米・ヨーロッパをはじめとした英語圏を中心に、月額定額制で提供するモバイル向けサービス。

    講談社、コアミックス、コミックスマート、フレックスコミックスなど11の出版社とパートナーシップを組み、『進撃の巨人』『炎炎ノ消防隊』『ソマリと森の神様』『リセット・ゲーム』『邪神ちゃんドロップキック』など、300タイトル以上の漫画を月額4.99USドルで読むことができます。

    「Mangamo」が立ち上がった背景は、日本の漫画・アニメが北米やヨーロッパで高く評価されている一方で、多数ある違法海賊版の存在によって、漫画デジタル市場が伸び悩んでいること。

    ・アニメ産業の「海外市場」は2019年に1兆円を超え、海外での売上が全体の50%近くを占めている(※1)
    ・日本国内における漫画業界の売上も、過半数がデジタルに移行している(※2)

    という状況のなか、海外においてデジタルの売上はいまだ全体の10%しかなく(※3)、アメリカでは1兆3,000億円もの被害総額が生まれているのだといいます(※4)。

    ※1 まぐまぐニュース(2019.12.16)より
    ※2 全国出版協会・出版科学研究所ニュースリリース(2020.1.24)より
    ※3 Comichron「Industry-wide Comics and Graphic Novel Sales for 2018」より
    ※4 出版広報センター STOP!海賊版「深刻な海賊版の被害」より

    「Mangamo」はこのような状況を打破し、正当に日本の漫画をファンへ提供するとともに、出版社に収益還元し、漫画デジタル市場のエコシステムを作りたいという想いから生まれました。

    創業メンバーは、フールー・ジャパンの元社長 バディ・マリーニ氏を代表として、ネットフリックスジャパンのプロデューサーや、米国アニメ配信サービス「クランチーロール」の元バイスプレジデント、元NTT docomo出身者などで構成されています。

    なお「Mangamo」で提供される作品はすべて、㈱Mangamoによるコンテンツ審査を通過し、出版社にて正規ルートで英語に翻訳されたもの。また、誰でも自由に投稿できるサービスとは異なり、取り扱い作品がプロの漫画家によるものに限定されています。
    ※「Mangamo」は現在iOSにて提供(Androidでも今後提供予定)。日本・中国・韓国を除く全世界で利用できます。

    Mangamo代表取締役
    バディ・マリーニ氏のコメントMangamoは、これまで海賊版に収益を奪われていた日本の漫画作品の現状に一石を投じにいきます。日本のエンターテイメントに欠かせない漫画の違法海賊版撲滅に貢献し、世界ではこれまで知られていなかった作品に触れる場を作ることが我々のミッションです。オンラインビジネスやサブスクリプションサービスで数多くの経験を積んだメンバーで、日本漫画のビジネス展開をサポートするサービスを創っていきます。Mangamoがきっかけとなる、これからのグローバルな漫画カルチャー変革にご期待ください。

    創業メンバーおよび経歴

    バディ・マリーニ(代表取締役社長)
    – スーパーセル・ジャパン 日本ジェネラルマネージャー
    – フールー・ジャパン 代表取締役CEO
    – エイベックス・アジア 代表取締役社長

    佐々野裕輔(ビジネス開発兼コンテンツパートナーシップエグゼクティブ)
    – エクスペディア 豪州マネージャー
    – NTTドコモ 国際事業部エリアマネージャー

    ダラス・ミダー(編集長)
    – クランチーロール(米国)バイスプレジデント、漫画ビジネス・イベント
    – ペンギン・ランダムハウス(米国)シニアディレクター、出版サービス
    – ビズメ・ディア(米国)セールスディレクター

    上木則安(プロデューサー)
    – ネットフリックス・ジャパン シニアプロデューサー
    – ワーナー・ブラザーズ・ジャパン 調整部長




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る