• fluct

  • カミュ『ペスト』さらに売上急増し第4位に:週間ベストセラー 文庫ランキング(2020年4月14日 日販調べ)

    2020年04月15日
    もっと見る
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    カミュ『ペスト』さらに売上増で第4位に

    第1位は、佐伯泰英さんによる「新・居眠り磐音」シリーズ最新作『おこん春暦』となりました。先週はそのほか「居眠り磐音 決定版」の最新28巻『照葉ノ露』も発売され、第5位にランクインしています。

    2週前からぐんぐん売上を伸ばしている『ペスト』は、さらに順位を上げてついに第4位となり、日本国内の文庫版累計発行部数が100万部を突破。4月9日(木)に「おはよう日本」(NHK総合)で紹介され、放送翌日、売上が前日の約6倍まで増加しました。

    ペスト 改版
    著者:アルベール・カミュ 宮崎嶺雄
    発売日:2004年01月
    発行所:新潮社
    価格:825円(税込)
    ISBNコード:9784102114032

    2週前のランキングはこちら
    カミュ『ペスト』が異例の売れ行き、前週の4.7倍:週間ベストセラー 文庫ランキング(2020年3月31日 日販調べ)

    また、前回のランキングで『キネマの神様』について触れましたが、今回のランキングには志村けんさんの著書『志村流』が新たに登場。

    15年前の2005年1月に刊行された文庫で、志村さんの訃報を受けて注目を集め、2度の重版が行なわれたとのことです。

    志村流
    著者:志村けん
    発売日:2005年02月
    発行所:三笠書房
    価格:681円(税込)
    ISBNコード:9784837962755

    内容紹介
    「好きな道一筋で、ここまで来られたのだから、けっこう幸せだったと思う」
    「吐きそうなくらいつらかったことや悲しかったこと、悔しかったこともたくさんあった。でも、最後は自分しかいない、最後の頼りは自分だけ、という信念みたいなものがあったからこそ、何とか頑張ってこられたのかもしれない」
    ──「はじめに」抜粋

    ◆ 一生を一日二十四時間で考えたら
    ◆ 準備こそ全力投球
    ◆ 二等賞がホントの一等賞
    ◆ 考える前に、まずマネしてみる
    ◆ 偉大なるマンネリはスタンダードになる

    天才なのに超努力家。
    これが「志村けん」という生き方。

    (三笠書房公式サイトより)

     

    文庫売上ランキング トップ10

    ※日販 オープンネットワークWIN調べ。
    ※トップ10のみ前回との順位比較を記載。★印は集計期間中(4月6日~4月12日)に発売された新刊です。

     

    第11位~第20位

     

    第21位~第30位

     

    前回のランキングを見る

    カミュ『ペスト』ついにトップ10入り 『キネマの神様』『首都感染』が急伸:週間ベストセラー 文庫ランキング(2020年4月7日 日販調べ)

     

    文庫新刊ラインアップ

    2020年4月発売の文庫新刊ラインアップ

    その他の期間の発売日はこちら(2020年5月発売予定まで公開中)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る