• fluct

  • スケルトン万年筆「Fonte」がバージョンアップ!カラーペンのような“選ぶ楽しさ”を万年筆で

    2019年12月12日
    くらす
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    今年2月に発売されたスケルトン万年筆「Fonte」がバージョンアップ。デザイン性がさらに高まり、「色を選ぶ楽しさ」が加わりました。

    イタリア語で“泉”を意味する「Fonte」、その特徴は3つあります。

    【1】1,000円以下の手頃な価格で、なめらかな書き心地
    【2】今人気のスケルトンボディ
    【3】コンバーター、カートリッジどちらも使える両用式

    これまで発売されていた「Fonte」はこちら。

    そして、今回発売された「Fonte VOL.2」がこちらです。

    大きな違いは、万年筆キャップと本体が別々に買えること。そして、コンバーターがブラックから透明になり、カラーインクを入れたときの色をより楽しめるようになったこと。

    ほかにも、キャップのリングが一番人気のゴールドで統一されていたり、ペン先がシルバーとゴールドのツートンになっていたり、細かいところにもこだわりが見えます。

    ▼これまでの「Fonte」

    ▼「Fonte VOL.2」。リングとペン先に「Fonte」のロゴが入っています。

    さらに、Fonte専用インクカートリッジのカラーバリエーションが、「ブラック」「ブルーブラック」の2色から、「レッド」「オレンジ」「グリーン」「ピンク」「ブルー」「イエロー」を加えた全8色に拡充。

    全色セットも販売されることになりました。

    カラーペンを作る感覚でキャップとインクの色を合わせたり、気分によってキャップを違う色に変えてみたり。低価格ながら書き心地もよく、使えば使うほど愛着のわいてくる、初心者にもおすすめの万年筆です。

    万年筆とインクカートリッジの箱を一緒にしまえるペンケースや、簡単に切り取れるミシン目の入ったドット方眼メモパッド(ゴムバンド付き)など、関連商品も新たに登場しました。

    「Fonte VOL.2」およびFonteグッズは、全国の一部書店にて販売中です。お近くの取り扱い店舗は、下記のリストからご確認ください。

    スケルトン万年筆「Fonte VOL.2」【取り扱い店舗はこちら

    価格:
    ・本体 600円(全1色 クリア)
    ・キャップ 各250円(全6色)

    インクカートリッジ価格:
    ・単色 各300円(5本入り/全8色)
    ・全色セット 400円(10本入り)※ブラック・ブルーブラックが2本入っています

    関連商品:
    ・ペンケース 600円
    ・メモパッド(ゴムバンド付き)400円

    発売元:日本出版販売株式会社

    ※いずれも税抜価格




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る