• fluct

  • 断捨離はもってのほか!片付けない作家・森博嗣の創造的仕事術『アンチ整理術』が発売

    2019年11月13日
    くらす
    日販 ほんのひきだし編集部 吉田
    Pocket

    11月8日(金)に、森博嗣さんの新刊『アンチ整理術』が発売されました。

    森博嗣さんはTVドラマ・アニメ化された『すべてがFになる』や、アニメ監督・押井守さんにより映画化された「スカイ・クロラ」シリーズなどで知られる小説家です。

    数々のヒット作を生み出す作家が語るのは「整理術」。 断捨離をはじめとした世間の「片付けブーム」に逆行し、「片付けない」ベストセラー作家の整理について書かれています。

    アンチ整理術
    著者:森博嗣
    発売日:2019年11月
    発行所:日本実業出版社
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784534057358

     

    森博嗣流の「整理」とは

    森さんは、部屋やデスクの周辺を整理することは無駄な行為だといいます。

    小説の数々だけでなく、エッセイなども執筆する森さんは、いわば「文章を書く職人」。創作のネタや閃きが生まれるのであれば、部屋やデスクが散らかっている状態こそが「効率のいい環境」なのだといいます。(モノを捨てる「断捨離」はもってのほか!)

    「ものは散らかっているが、生き方は散らかっていない」

    (『アンチ整理術』 あとがき より)

    断捨離する以上に大事なのは、自分の生き方を整理すること。

    自分がなぜ整理・整頓を必要としているのか、モノよりも思考や人間関係を整理することの有用性を説く、創造的な「整理術」が書かれた本です。

    目次
    まえがき
    第1章 整理・整頓は何故必要か
    第2章 環境が作業性に与える影響
    第3章 思考に必要な整理
    第4章 人間関係に必要な整理
    第5章 自分自身の整理・整頓を
    第6章 本書の編集者との問答
    第7章 創作における整理術
    第8章 整理が必要な環境とは
    あとがき




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る