• fluct

  • 嵐 櫻井翔が「Casa BRUTUS」連載100回記念で伊勢神宮へ 表紙+巻頭12ページで掲載

    2019年11月05日
    くらす
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ライフスタイル誌「Casa BRUTUS」(マガジンハウス)で嵐・櫻井翔さんが連載中の「ケンチクを学ぶ旅。」が、11月9日(土)発売の12月号で100回を迎えます。

    12月号の特集は「日本の聖地100」。連載100回を記念して、櫻井さんが“日本の聖地”の代表格である伊勢神宮を参拝し、その内容が同号に表紙+巻頭12ページで掲載されます。

    Casa BRUTUS 2019年12月号(2019年11月9日発売号) ©マガジンハウス

    表紙を飾るショットは、早朝の澄んだ空気の中、伊勢神宮内宮の正殿に至る石段を櫻井さんが降りているところ。

    皇室の祖とされる天照大神を祭る伊勢神宮は、実は櫻井さんにとってもなじみのある場所でした。

    「『COOL&SOUL』(2006年)という楽曲のラップで天照大御神について書いたことから、いつかは伊勢神宮を訪れたいと思っていました。2016年の初参拝以来、今では1年に1度はお伊勢参りをしています。特に風日祈宮(かざひのみのみや)は風の神さまを祀っていると聞き、嵐のメンバーとして、必ず詣でるようにしています(笑)」

    今回の特集では、普段立ち入ることのできない「古殿池(こでんち)」にも特別に訪れることを許されたそう。その時のことを櫻井さんは、次のように語っていたといいます。

    「本当にすごかったです。今は小さな覆屋(おおいや)があるだけの何もない場所に、あれほどの神聖さを感じるとは思いませんでした。それは宗教に関係なく、日本人が持つ精神性なんでしょうね」

    なお「Casa BRUTUS」12月号が発売される11月9日(土)は、「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」の第二部で嵐が奉祝曲を披露します。

    そして天皇・皇后両陛下は、即位を報告する「親謁(しんえつ)の儀」に臨むべく、11月22日(金)・23日(土祝)に伊勢神宮を参拝される予定です。

    Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2019年 12月号
    著者:
    発売日:2019年11月09日
    発行所:マガジンハウス
    価格:1,080円(税込)
    JANコード:4910125411291




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る