• fluct

  • 「元受刑者を信じて雇う」余命を宣告された社長の命をかけた思いとは?

    2019年07月27日
    くらす
    日販 ほんのひきだし編集部 吉田
    Pocket

    北海道札幌市にある北洋建設株式会社は、元受刑者を積極的に雇用する会社としてテレビや新聞などのメディアで注目されています。

    同社の代表取締役・小澤輝真さんが取り組んでいる、元受刑者の「居場所づくり」への思いが記された『余命3年 社長の夢 「見えない橋」から「見える橋」へ』が7月12日(金)にあさ出版から発売されました。

    余命3年社長の夢
    著者:小澤輝真
    発売日:2019年07月
    発行所:あさ出版
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784866671512

     

    日本の元受刑者と再犯者

    国は再犯を防止するために様々な取り組みをしています。

    しかし、法務省が出している「平成30年版 犯罪白書」によると、検挙者に対する再犯者の割合は増加傾向にあります。2017年の犯罪検挙者21万5003人に対し、そのうち10万4774人、全体の48.7%を再犯者が占めています。

    元受刑者が再度、犯罪に手を染めてしまう理由はなんでしょうか。

    本書では「働き口」「社会復帰するための十分な制度」が無いことが理由に挙げられています。

    たしかに元受刑者を積極的に雇う企業は、残念ながら多くありません。出所しても職が見つからず、生きるためにやむを得ず法を犯してしまう人がいます。犯罪白書では、初犯者と比べて再犯者のほうが職がない割合が10%近く高いことが明らかになっています。

    また、彼らの更生のための制度が不十分であることも再犯の可能性を高くしている要因の一つです。出所後、頼る先のない人や生活環境に恵まれない人に宿泊場所や食事を提供したりする更生保護施設は、条件を満たした一部の人しか使用できません。

    出所して、すぐに“普通の生活”を送るのはとても難しい。小澤さんはこの状況をみて、「人は仕事があれば再犯をしない」と考え、全国の受刑者を受け入れるために活動しています。

     

    「見えない」橋から「見える」橋へ

    吉村昭さんの小説「見えない橋」では、刑務所を出た人物の罪を隠しながら見守るような保護会の描写があります。それに対して小澤さんは、犯した罪をオープンにする「見える橋」の精神で彼らと“家族”になるように支援します。

    北洋建設は、小澤さんの父親が創業してから500人以上の元受刑者を雇用してきました。現在も60人いる社員のうち約3分の1が前科のある人です。たとえ会社が倒産の危機に見舞われても、小澤さんは元受刑者だろうが家族のように愛情深く接しています。

    小澤さんが元受刑者に対して求めることは一つ。過去をすべてオープンにすることです。何か隠している状態では周囲と信頼関係は築けません。さらに、過去を隠し続けることは自分を偽り続けることにもなります。

    「過去は変えられないが、未来は自分の行いで変えられる」。今の取り組みだけを見てもらうように小澤さんは活動しています。

     

    大臣まで届く信念

    小澤さんはより多くの受刑者を更生したいと思い、北洋建設の求人ポスターを貼ってもらおうと全国の刑務所に配ったところ、多くの刑務所で「北海道は遠方だから」という理由で掲示されなかったといいます。

    そこで小澤さんは、当時の法務大臣上川陽子さんに直訴します。「距離は理由にならない」ということで、その後全国の刑務所にポスターが貼られるようになります。自身の会社のためではなく、受刑者のために。

    他にも、刑務所や少年院を出た人を支援する「職親プロジェクト」への参加や、出所者の更生のための制度の提言などもしています。

     

    余命が宣告されても

    小澤さんの発症した「脊髄小脳変性症」は、徐々に身体の自由が効かなくなる難病。『余命3年 社長の夢』の執筆時も車椅子がないと動けず、手も震えるような状況でした。

    それでも小澤さんは、今やれることをやりきるということを胸に活動をし続けます。

    うまく話せなくても、文字は書けなくても、歩けなくても、命があればやれることはある。何もやれないということはない。

    だから僕は、行動し続ける。

    残された時間を無駄にできない。

    今できることを精いっぱいやる。

    (『余命3年 社長の夢』P.12より)

    「今できることを精いっぱいやる」

    本書には小澤さんが元受刑者に伝えたい、命をかけた思いが込められています。

    余命3年社長の夢
    著者:小澤輝真
    発売日:2019年07月
    発行所:あさ出版
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784866671512

    写真撮影:ナリタマサヒロ(マーヴェリック)




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る