• fluct

  • 『世界一美味しい煮卵の作り方』はらぺこグリズリーの最新レシピ本!今度は“手抜きごはん”がテーマ

    2019年03月16日
    くらす
    日販 MD課 NR
    Pocket

    2017年発表の「第4回 料理レシピ本大賞」で、初の著書『世界一美味しい煮卵の作り方』が料理部門大賞を受賞した、料理研究家のはらぺこグリズリーさん。

    30万部のベストセラーに続く待望の2作目『世界一美味しい手抜きごはん』が、3月6日(水)に発売されました。

    掲載レシピは全100品。ごはんものや麺類などの主食から、おかず、おつまみ、一品料理、デザートまで幅広く押さえています。

    そんな本書の主な特徴は4つ。

    ①スーパーやコンビニですぐに買える材料と定番の調味料のみを使用
    ②調理は最大4工程、手間が徹底的に省かれている
    ③写真を見ながらマネするだけ。作り方が視覚的に分かるから間違えない
    ④すべてのレシピに「アレンジレシピ」や、余った食材を使った「ついでレシピ」を掲載

    たとえば「豚キムチ焼きうどん」なら、工程はたったの3つ! 材料も身近なものしか使っておらず、ついでに「キムチのかきたまスープ」まで作れてしまいます。

    ほかにも……

    ▼レンチン2工程「濃厚!明太バター醤油クリームうどん」

    ▼ソースとパスタが同時にできる「200回作った ミートソーススパゲッティ」

    ▼レンチンで10分!「世界で1番簡単に作れる おつまみ角煮」

    ▼鍋1つで簡単「とにかく箸が止まらない!手羽元のさっぱり煮」

    手抜きとは到底思えない、本格的でおいしそうな料理ばかり。これだけレシピが簡単なら、失敗する心配もなさそうです。

    料理が苦手でも、作るのが面倒でも、できればおうちでおいしいごはんが食べたい。そんなわがままを叶えてくれる理想の一冊です。ぜひ試してみてくださいね。

     

    レシピ本のおすすめ記事

    作って食べてストレス解消!悪魔のごほうび「デビルサンド」のおうちレシピ

    準備はたった1分!「切って、袋に入れて、もむだけ」の簡単“つくりおき”が話題




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る