• fluct

  • 話題の『自衛隊防災BOOK』災害時だけでなく日常生活でも役立つ!危機管理のプロ「自衛隊」直伝の防災テクニック

    2018年08月29日
    くらす
    日販 ほんのひきだし編集部 川下
    Pocket

    海で沖まで流されたときに意識すべきなのは「潮の流れ」

    沖まで流されてしまった場合は、やみくもに泳いで体力を消耗させるのではなく、「潮の流れ」の性質を理解した対処をする必要があります。

    なかでも知っておかなくてはならないのは「離岸流」。

    普通、波は沖から海岸へ打ち寄せますが、波が沖に戻ろうとする時に発生する強い流れを「離岸流」といいます。沖から岸に向かって強い風が吹いたときなどに発生し、この中に入ってしまうと、強い波に押されてさらに沖へと流されてしまいます。

    海で沖に流された場合は、まず波の向きに意識を向けましょう。岸から沖へと向かう波(=離岸流)を感じたら、その外側を泳ぐようにします。波の向きがよくわからない場合は、岸となるべく並行して泳ぐようにするのも手です。

    万が一離岸流に巻き込まれた場合は、身を任せて“浮くこと”に徹するのが賢明。流れにさからって岸へ向かおうとするとおぼれたり、体力を消耗して命を落とす危険があります。沖向きの流れを感じなくなったら、岸に向かって泳いでいきましょう。



     

    「防災の日」に! あなたを守る一冊

    今回紹介した防災テクニックは、8月9日(木)に発売された書籍『自衛隊防災BOOK』に掲載されています。

    自衛隊防災BOOK
    発売日:2018年08月
    発行所:マガジンハウス
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784838730100

    危機管理のプロである自衛隊のテクニックをまとめた本書。災害発生時にどのような行動をすればいいのか、万が一被災した際にはどう対処すればいいのかが一冊にまとまっています。

    ▼読んでおきたい「子どもや高齢者、ペットと避難する方法」

    防災アドバイザーによる読んでおきたいコラムも掲載。

    ▼防災アドバイザーによる「防災用食品厳選リスト」

    さらに、災害時だけではなく日常生活に役立つライフハックも!

    ▼「アイロンを使わずに服のシワをのばす方法」「はさみの切れ味をよくする方法」

    今回紹介したもの以外にも「遭難時生存率がアップする方法」「炎天下で熱射病を避ける方法」など災害時のノウハウや、「船で酔わない方法」「靴ずれを起こしにくくする方法」など、日常生活で使えるアイデアを多数収録しています。

    いざという時に、自分や大切な人を守ってくれる『自衛隊防災BOOK』。災害への備えとして、家族で読み合わせをするのもおすすめです。

    自衛隊防災BOOK
    発売日:2018年08月
    発行所:マガジンハウス
    価格:1,296円(税込)
    ISBNコード:9784838730100




    1 2
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る