• fluct

  • 針でチクチク「ねこあつめ」を作る!「ニードルフェルトでねこあつめ」に初心者が挑戦してみた

    2018年01月30日
    くらす
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    ④芯にアクレーヌを巻きつけて、再びチクチク……

    追加で巻きつけた分はあまりつつきすぎず、少しフワフワ感を残したほうがかわいくなりそうです。

     

    ⑤同じ要領で胴体を作って、頭と接合します。

    接着剤は使わず、接合部分をチクチクつついてくっつけます。左側のかたまりが頭、右側が胴体です。

    ここまでで約1時間半。無心でチクチクしていたので、思ったより時間が経っていて驚きました。

    しろねこさんはというと、今のところ「白い巨大なキノコ」のような外見……。完成イメージにはまだ遠く不安がよぎりますが、本体になる部分が完成しコツをつかんできたところで、ほかのパーツの作業もサクサク進めていきます。

    ※慣れてきたからといって手もとから目を離すのは厳禁! テレビに気を取られて、誤って指を何度かチクッとやってしまいました。

     

    ⑥手・足・耳・しっぽを作る。

    この4パーツで特に注意したいのは「手」と「しっぽ」。

    しろねこさんの完成図は「伏せ」のポーズをしています。手を作るときはまずアクレーヌを棒状にし、それを指で曲げた状態でチクチクつつきましょう。しっぽも同様です。

    ▼パーツがすべて完成! 並べてみると組み立て中のロボットのようです。

     

    ⑦各パーツを本体に取り付けます。

    頭をつけたときと同じように、接合部分をチクチクつついてくっつけていきます。

    ▼あれ? 腕がちょっと太いかもしれない……

    ▼やっぱり腕がたくましすぎる……。耳もちょっと大きいような。

    雑な性格が災いし、若干パーツがアンバランスになってしまいました。

    あとはシールを貼れば完成なのですが、果たして「しろねこさん」はかわいく仕上がってくれるでしょうか……。

     

    ⑧シールを貼ったら一気にかわいくなった。

    これは紛うことなき「しろねこさん」!! よかった……。

    最後に「しろねこさん」のえさ皿と敷物を作って、創刊号のセットは完成です。

     

    ⑨小物を作っていよいよ完成!

    ▼敷物を作るときは、まず白いベースを作り、その上にピンク色のこよりを埋め込みます。

    ▼えさ皿も完成! これに茶色のフェルトで作ったえさを入れます。

     

    ⑩できた!!!!

    ……かわいい!!

    腕のたくましさが気になっていましたが、いざ並べてみるとバランスの悪さすらも「愛嬌があっていいな」と思えてきました。創刊号付属の「にわさきジオラマ」に移動させると、まさに「リアルねこあつめ」の世界に!

    ちなみに、ここまでにかかった時間は約3時間。本誌掲載の目安の所要時間も「2~3時間」となっていました。針でチクチクするのも楽しく、また完成品も期待通りのかわいさで、想像以上の満足感を得ることができました。

     

    「ニードルフェルトでねこあつめ」を作った感想

    今回がニードルフェルト初挑戦でしたが、付属の冊子に一つひとつの工程が写真付きでくわしく解説されていたのでスムーズに進めることができました。唯一「繊維をたたむ」という工程がよくわからなかったのですが、それも公式サイトに動画が公開されていたのですぐに解決されました。

    今回実際に「しろねこさん」を作って学んだのは、次の2点です。

    ・最初に繊維をわけるときは、できるだけ均等にわける。
    ・こまめに型紙と見比べてサイズを確認する。

    特に2つ目は、作業中に「失敗したかも」と思ったとき、型紙と確認するかどうかが仕上がりのキモになります。

    引っ張ったりつぎ足したりすれば形を整え直すことができますが、チクチクして完全にかためた後に繊維を引っぱり出すのはなかなか難しいので、型紙をマットの近くに置いて見比べながら作るのがおすすめです。また、最初に作る「頭+胴体」とのバランスも見ながら進めていくのがいいでしょう。

     

    第2号は「さばとらさん」、第3号では「みけさん」が作れる!

    創刊号は白1色でしたが、今後のラインアップを見てみると縞模様の「さばとらさん」や3色のアクレーヌを使う「みけさん」など、作りがいのあるキャラクターが控えているようです。

    難易度はちょっと上がりますが、完成品のかわいさを考えるとコンプリートしたくなりますね……。

    ゲームアプリ「ねこあつめ」が好きな人には当然おすすめですが、猫好きやかわいいキャラクター・グッズ好きにもぜひおすすめしたい「ニードルフェルトでねこあつめ」。羊毛フェルト・ニードルフェルトを初めてみたい方にも、素材と道具がいっぺんに手に入るので、試してみるのにいいチャンスだと思います。

    「しろねこさん」が作れる創刊号は、特別特価で税込299円とかなりリーズナブル。さらに「ねこあつめ」グッズのセットやニードルフェルトの便利グッズが当たるSNS投稿コンテストも実施されています。

    「隔週刊 ニードルフェルトでねこあつめ」特設サイトはこちら
    みんなでチクチク♪SNS投稿キャンペーン | ニードルフェルトでねこあつめ

    1 2
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る