• fluct

  • ご利益ありそう!金色の仏像が出来上がる“削るなぞり書き”が話題

    2017年09月23日
    くらす
    日販 ほんのひきだし編集部「日販通信」担当
    Pocket

    仏女も大満足!? 上級者の要望に応えるこだわり

    ――イラストの選定はどのように行なったのでしょうか?

    近藤:仏像については、「仏女(ぶつじょ)」に人気の阿修羅像や帝釈天像がまず決まって、その次に、初心者も知っているメジャーなものを選びました。人気や知名度だけでなく、削って仏様が現れた時の“神々しさ”も重視しています。

    ――確かに、阿修羅像は“イケメン仏像”として話題になりましたね。

    伊東:イラストを担当してくださったチユキクレアさんも実は「仏女」なんです。チユキさんは「仏像を刺繍に落とし込む」という趣味をお持ちで、今回のデザインも、チユキさんの刺繍をイラストにおこしています。もともと仏像がお好きなので、味わいのある表情や角度などにも詳しかったですね。

    花曼荼羅については、「柄を描く」という専門スキルをお持ちのCoyuraさんに、テーマに沿ったデザインを考案していただきました。本書のオリジナルデザインです。

    ――それぞれ6種類のイラストが楽しめますが、削る際の難易度はあったりするのでしょうか。

    近藤:難易度はあまり考えていませんね。複雑なデザインを好まれる方が多いので、簡単にできるというより「削りたくなる仏様や絵柄を並べる」ことを大切にしました。

    ▼6体完成させたらご利益がありそう!?

    ――ちなみに、一番やりごたえのあるデザインはどれでしょう?

    伊東:「花曼荼羅」の“花の舞踏会”ですね。実際にやってみたら4時間かかりました! 作った本人がこんなことを言うのも変ですが、4時間削り続けるのはなかなか大変でしたね(笑)。でも、集中して削った達成感は格別でした。

    近藤:その一方で、仏像は完成形がわかりやすいので、モチベーションが上がってやりやすいかもしれませんね。

     

    10月には子ども向けのかわいい新作が発売予定!

    ――『心を癒す大人のスクラッチアート』ということで現在は大人向けの商品が発売されていますが、今後、新作のご予定はありますか?

    平田:10月に子ども向けの商品を2点発売する予定です。テーマは「お姫様」と「アイドル」なので、かわいらしい絵柄が楽しめると思います。

    近藤:大人向けの続編は未定ですが、人気のある“花”をテーマにしたものは入れていきたいなと思っています。

    ――キラキラしたデザインが塗り絵やなぞり書きとの違いかなと思うので、「宇宙」や「海の生き物」なんかもぜひやってみたいなと思いました。最後に、読者の方に向けてメッセージをお願いします!

    伊東:やっている間も仕上がってからも楽しいスクラッチアートの世界を、存分に味わっていただきたいと思います。ペンも付いていてこのセットだけですぐに始められますので、ぜひお試しください!

    (取材日:2017年8月1日)

    1 2
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る