• fluct

  • 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由……Twitterで大反響の漫画が4月に発売

    2017年03月21日
    くらす
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』が書籍化!

    そしてこの度、大反響を呼んだ漫画『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』が、大幅加筆のうえ書籍化されることになりました。あさ出版から、4月10日(月)に発売されます。

    「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由
    著者:ゆうきゆう 汐街コナ
    発売日:2017年04月
    発行所:あさ出版
    価格:1,320円(税込)
    ISBNコード:9784860639709

    〈目次〉
    第1章 なんで死ぬまで働きすぎちゃうの?
    第2章 SOSに気がついて
    第3章 がんばらない勇気
    第4章 自分の人生を生きるために
    第5章 世界は本当に広いんです
    最終章 自分を犠牲にしてがんばりすぎちゃう人へ
    おしえて! ゆうき先生「はじめての診療内科」

    書籍化にあたっては、『マンガで分かる心療内科』の原作者としても知られる現役精神科医・ゆうきゆうさんが監修・執筆協力。各章にQ&Aが収録されており、「どの段階で心療内科に行けばいいか」といった質問に、具体的に分かりやすく答えています。

    また、実際に「働きすぎ」でうつ病になった人の実例も紹介されており、どのようにしてうつ病になっていくのか、そこからどうやって抜け出したのかが、よりわかりやすくなっています。

    ***

    多くの人は、過労死やうつ病を「自分には関係ない」と考えているかもしれません。「同じくらい働いていたけど、私は大丈夫だった」という方もいるでしょう。

    しかし「働きすぎ」のラインは人によって異なりますし、ストレスの原因も人それぞれ。「気が付いた時にはすでに追い詰められていた」ということになる可能性は、誰にだってあるのです。

    『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』は、一度立ち止まって、今の自分の状態をあらためて見つめるきっかけになる一冊です。でも、疲れていることは自分自身では気づきにくいもの。読んでみて「いいな」と思ったら、ぜひ周りの方にもおすすめしてくださいね。

     

    試し読みはこちらから


    ★こちらの本も売れています!
    『うつヌケ』手塚絵のパロディ漫画家・田中圭一が描く、うつ病からの脱出体験レポート

    うつヌケ
    著者:田中圭一
    発売日:2017年01月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,100円(税込)
    ISBNコード:9784041037089
    1 2
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る