• fluct

  • 成果が上がらない人は無駄が多い!?仕事をサクサク進める80の「ワザ」を紹介【総合3.7】

    2022年07月31日
    くらす
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    無駄ゼロ、生産性を3倍にする最速で仕事が終わる人の時短のワザ
    著者:伊庭正康
    発売日:2022年04月
    発行所:明日香出版社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784756922014

     

    『無駄ゼロ、生産性を3倍にする 最速で仕事が終わる人の時短のワザ』の要点

    1.仕事では“スピード”と“質”の両立が求められる。そのためには、「付随作業」と「ムダ作業」を削減し、大事な「主作業」にパワーを集中させることだ。

    2.期限内に成果を出す鉄則は、やることを絞り、やるべきことを具体的に決める「FOCUS&DEEP」だ。ポイントは“量”よりも“率”に目を向けることである。

    3.人の力を借りたいときは、先に打診をしておこう。3回に分けて感謝の気持ちを伝えることも重要だ。

    『無駄ゼロ、生産性を3倍にする 最速で仕事が終わる人の時短のワザ』レビュー

    こんなに忙しく働いているのに、なぜ成果が上がらないのか――と悩む人は多いだろう。その一方で、周りを見渡すと、残業なしで高い成果を出す人もいるはずだ。なぜ両者に大きな差が生まれるのだろうか。

    本書を読むと、その理由がわかるだろう。ひと言でいうと、成果が上がらない人は無駄が多いのだ。

    本書では、仕事をサクサク進める80の「ワザ」が紹介されている。辞書登録でメール作成を効率化する、5分で終わるタスクは今すぐやる、仕事中はスマホを別の部屋に置くなどといった今日から使える「ワザ」から、スピードと丁寧さを両立させる、お願い上手になる、上司をうまく動かすなどといった、仕事に対する価値観を変えてくれるようなものまで、その内容は多岐にわたる。

    著者はかつて、身体を酷使しながら残業をしていたそうだ。ある時、見かねた上司から「時間の奴隷になっていないか?」「まずは、スケジュールの基本を徹底しなさい」と声をかけてもらったことで、仕事の進め方が大きく変わったという。そんな著者の「誰もが、今の半分の時間で2倍の成果を出せる」という言葉には重みがある。

    時短を実現すれば、仕事の質を高められるだけでなく、副業や趣味の時間を増やして、自分の人生を豊かにすることもできる。よりよい人生を生きるために、ぜひ本書を一読し、これまで浪費していた時間を取り戻してもらえればと思う。

    無駄ゼロ、生産性を3倍にする 最速で仕事が終わる人の時短のワザ』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『無駄ゼロ、生産性を3倍にする 最速で仕事が終わる人の時短のワザ』が気になる方におすすめ

    仕事が速い人は、「これ」しかやらない
    著者:石川和男
    発売日:2020年03月
    発行所:PHP研究所
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784569846675

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る