• fluct

  • 第2弾『もっとつくおき』はここが違う!「1時間半で7品」にチャレンジしてみた

    2016年05月13日
    くらす
    mi(日販 販売企画部)
    Pocket

    20:48 玉ねぎのオーブン焼きが完成!

    mottotsukuoki (12)

    オーブンの中の玉ねぎが焼き上がりました! 途中でチーズを乗せて加熱しています。

     

    20:58 きゅうりともやしのツナ和えが完成!

    mottotsukuoki (13)

    ゆで上がったもやしに、板ずりしたきゅうり、ツナを和えました。簡単でおいしいおかずです。

     

    21:09 切り干し大根の梅肉和えが完成!

    mottotsukuoki (14)

    切って電子レンジで加熱したにんじん、戻した切り干し大根に、梅干を加えて和えます。『つくおき』を始めるまで切り干し大根はあまり食べていなかったのですが、今では常備してアレンジするようになりました!

     

    21:11 肉みそが完成!

    mottotsukuoki (15)

    肉みその調理開始から約30分。汁気がなくなったら完成です! 玉ねぎとたけのこが入った、旨みたっぷりのそぼろ。ここでしばし休憩を挟みます……。

     

    21:30 しゅうまい作りスタート!

    mottotsukuoki (16)

    休憩明けは、しゅうまいのタネ作りから。ひき肉にネギ、調味料を混ぜます。しゅうまいの皮で包んだらレンジでチン。私はしゅうまいの皮が売り切れていたので、ワンタンの皮で代用してみたのですが……悲しいことに皮同士がくっついてしまいました。皆さんはぜひ、しゅうまいの皮で作ってくださいね。

     

    7品完成しました!

    mottotsukuoki (17)

    左上から、
    ・ブロッコリーとたまごのサラダ
    ・小松菜のナムル
    ・肉みそ
    ・きゅうりともやしのツナ和え
    ・切り干し大根の梅肉和え
    ・玉ねぎのオーブン焼き
    ・しゅうまい

    全7品が約1時間半で完成しました! 以前の『つくおき』初チャレンジとはうってかわって、スムーズな段取りで進めることができました。

     

    お弁当生活はどうなった?

    mottotsukuoki (18)

    肉みそのおかげで豪華なお弁当に。ミニトマトと、まとめて焼いて冷凍している卵焼きを入れて、彩りもばっちりです!

     

    『つくおき』はやっぱりすごい!

    パワーアップした第2弾『もっとつくおき』では、どんなことに注意するとタイムスケジュール通りに進められるかという「時間内に作りたかった品数を作りきる」ための近道が丁寧に紹介されています。時間通りに作れると、達成感は倍増! 「これならできるぞ!」という気持ちは“つくおき生活”を続ける原動力になります。

    そのため、初めて『つくおき』にチャレンジする方は、第2弾の『もっとつくおき』から購入するのもおすすめです。一度チャレンジしてみてから第1弾の『つくおき』や他のレシピ本を追加すると、レシピの幅がぐーんと広がりますよ。

    料理初心者でも続けられる『つくおき』はやっぱりすごい! あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

    1 2 3
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る