• fluct

  • BTS Vの愛読書やNetflixドラマの原作本がラインアップ 翻訳書新レーベル「&books」が創刊!

    2021年03月19日
    くらす
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    「ときには本と」――ふと本を読んでみたくなったとき、思わず手に取りたくなる海外小説・エッセイの翻訳書新レーベル「&books」が創刊しました。

    レーベル創刊の第1・第2弾には、動画配信サイト「Netflix」でドラマ化された『アンオーソドックス』と、BTSのV(テテ)が愛読していることで話題になったエッセイ『家にいるのに家に帰りたい』が並びました。

    アンオーソドックス
    著者:デボラ・フェルドマン 中谷友紀子
    発売日:2021年03月
    発行所:辰巳出版
    価格:1,980円(税込)
    ISBNコード:9784777827466
    家にいるのに家に帰りたい
    著者:クォン・ラビン 桑畑優香 チョンオ
    発売日:2021年03月
    発行所:辰巳出版
    価格:1,320円(税込)
    ISBNコード:9784777827510

    3月5日(金)に発売された『アンオーソドックス』は、閉鎖的なユダヤ教超正統派(ウルトラ・オーソドックス)から抜け出し、「自分らしさ」を獲得した女性の回想録。作者の実体験が反映された本作は、アメリカ本国で大きな話題となりニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに並びました。

    「女性(男性)らしさ」といったジェンダーや、特定のコミュニティ内で“生きづらさ”を抱える人に勇気を授けてくれる一冊です。

    わたしが手に入れたのは幸せ以上のもの、それは本当の自分でいられることだ。自分らしく生きられる、そのことがうれしい。

    もしも誰かに偽りの自分でいることを強いられているなら、あなたも勇気を出して抗議の声をあげてほしい

    本書エピローグより

    3月22日(月)に発売予定の『家にいるのに家に帰りたい』は、ボーイズグループ・BTSのV(テテ)が愛読していると話題になったエッセイです。

    家にいるのに帰りたい――日々のストレスや不安から、家の中にいるのに心が休まらない、そういった人の避難場所となるようなあたたかな言葉が並んでいます。

    過去にBTSのメンバーが紹介した『私は私のままで生きることにした』(ワニブックス)や『死にたいけどトッポッキは食べたい』(光文社)といったベストセラー作に続く一冊です。

    BTSのVも読んだ 話題の韓国エッセイ!

    誰かを責めるわけにはいかない
    現実にうずくまってしまっているあなたへ

    “わたしだけのために書いてくれたみたい”――韓国で共感の声続々! 心に灯をともす、癒しの言葉たち




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る