• fluct

  • 直接触りたくない時に…手袋タイプの使い切りグッズ「つり革握れるWA」

    2020年09月14日
    くらす
    日販 PB開発課 YM
    Pocket

    電車やバスのつり革、階段やエスカレーターの手すり、ドアノブなど、意外と多い「できれば直接触れたくない」シーン。ハンカチを使っている方も多いかと思いますが、「その後に同じハンカチで汗や口もとをぬぐうのはちょっと……」「使い切りできるものがあれば……」と思ったことはありませんか?

    そんな時に役立つグッズが、9月16日(水)より全国の書店で順次発売されます!

    その名も、不織布手袋「つり革握れるWA」。手のひら全体をすっぽり覆い、指先部分があいているため通気性のよい、使い捨てタイプの手袋です。

    ふつうサイズ・ちいさめサイズの2種類あり、それぞれ15枚入り。価格はどちらも税込660円です。

     

    使い切り、そして蒸れにくい

    「つり革握れるWA」は、マスクでは定番の不織布(ポリプロピレン)素材を使用した商品です。

    使い方は、とても簡単。手袋に手を入れてサイドの穴に親指を通し、ゴムをぐるっと手にひっかければ装着完了です!

    写真のように手のひら全体を覆うことができ、気になる部分を素手で触らずに済みます。また、指ぬきのデザインになっているので、蒸れにくいのも特徴です。

    「ふつうサイズ」は縦14.0cm×横15.0cm(内径13.5cm)、「ちいさめサイズ」は縦13.8cm×横13.3cm(内径12.0cm)。

    1箱そのまま持ち歩いても軽くてかさばらないので、かばんに忍ばせておけば必要な時にサッと取り出せます。

    ぜひお近くの書店で、実物を手にとって確かめてみてくださいね。

    取り扱い書店はこちら

    ※ウイルスや菌との接触を完全に防ぐものではありませんのでご注意ください。
    ※一部店舗限定発売となります。




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る